写真は映画『マイ・フェア・レディ』(1964)より
 - Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 ジョージ・バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」が原作の舞台ミュージカル「マイ・フェア・レディ」が、約25年ぶりにブロードウェイに戻ってくるとEW.comなどが報じた。

 リンカーン・センター・シアター内にあるヴィヴィアン・ボーモント・シアターで上演予定で、プレビューは2018年3月22日(現地時間)から、正式な開幕は4月19日になるという。

 キャストはまだ発表されていないが、トニー賞を受賞しているバートレット・シャーが舞台監督を務め、音楽はこれまでの舞台と映画同様にフレデリック・ロウの曲とアラン・ジェイ・ラーナーの歌詞が使用されるとのこと。

 舞台ミュージカル版は1956年に初上演され、ジュリー・アンドリュースがイライザを演じ、レックス・ハリソンさんがヘンリー・ヒギンズを演じていた。ロングランとなった舞台版は2,700公演を超え、最優秀ミュージカル賞を含む6つのトニー賞を受賞している。オードリー・ヘプバーンさん主演の映画は1964年にアカデミー賞作品賞、主演男優賞を含む8部門でオスカーを獲得している。(澤田理沙)