少女時代 テヨン「M COUNTDOWN」でTWICEを抑えて1位を獲得

写真拡大 (全2枚)

歌手少女時代のテヨンがまたもトロフィーを手にした。

9日に韓国で放送されたMnet「M COUNTDOWN」でテヨンは「Fine」で、TWICEの「Knock Knock」を抑えて1位を記録した。

テヨンはこの日、ステージには登場せず、アンコールステージは映像で振り替えた。

一方この日の「M COUNTDOWN」にはgugudan、DAY6、LOVELYZ、ROMEO、100%、Brave Girls、VAV、B.A.P、BTOB、VICTON、SF9、H.U.B、NCT DREAM、GFRIEND、TWICE、ホン・ジニョンなどが出演した。

多数の歌手たちがカムバックステージを披露した。B.A.Pは収録曲「DIAMOND 4 YA」と「WAKE ME UP」を最初に公開し、ファンたちの心をときめかせた。BTOBは収録曲「SOMEDAY」とタイトル曲「MOVIE」でカムバックステージを飾った。GFRIENDも収録曲「風の歌(I Hear The Wind Sing)」とタイトル曲「FINGERTIP」のステージを披露した。

特にこの日の放送では、101人で構成された「プロデュース101」シーズン2の男子練習生たちがステージに上がり、番組のテーマ曲である「PICK ME」を初公開した。

“国民プロデューサー代表”として抜擢された歌手BoAは「皆、国家代表のアイドルを制作する準備できましたか?」と彼らを紹介、101人の練習生たちが順次姿を現し、圧倒的な雰囲気が漂う公演を演出した。