泡の「旨み」がUP

写真拡大

タカラトミーアーツは2017年3月16日、超音波を利用してきめ細かい泡をつくる「ビールアワー 極泡ポータブル」を発売する。

2011年に発売開始されたビールをおいしく楽しむシリーズ、「ビールアワーシリーズ」の新ラインアップ。同シリーズは「泡」や「冷たさ」など、ビールのおいしさにこだわりをみせた商品が人気を集めている。

本体を缶ビールにセットし、そのまま傾けるとビールを注げる。この時ボタンを押すと、内蔵されている超音波発生ユニットをビールが通過し、きめ細かい泡が生まれる。注ぎながら泡を立てることで、泡がビールのフタの役目をして「泡もち」や「香り」が長持ちする。また、缶から直接注いだ場合よりも、泡の「旨み」は格段にアップするという。

重量は電池を入れて120gと、コンパクトな設計になっている。電池ユニットは簡単に外せるので洗う際の手間もかからない。こうした取り回しの容易さも特長の1つ。

カラーはブラックとホワイトの2色を発売。

価格は2980円(税抜き)。