空港の手荷物検査では、乗客が危険なものを持ち込まないように1人ずつ念入りにチェックされます。

持ち込めないものは前もって乗客に知らされてはいるものの、それでも没収されるものは多いようです。

TSA(アメリカ運輸保安局)がInstagramに投稿した没収物の中に、「日本のコミックの道具があった」と海外掲示板で注目を集めていました。

 

TSA instagram is fucking savage,TSA:Instagram


こちらは……忍者の道具?

[画像を見る]
なんとナルトの登場人物、波風ミナトの使うクナイ(飛雷神の術)のレプリカだそうです。

アトランタ空港の乗客の手荷物から発見されたのだとか。

おもちゃとはいえ、さすがにこれを手荷物にするのはムリがありますが、精巧な忍具を作ってしまうとはなかなかのマニアのようです。

この写真に対する海外掲示板のコメントをご紹介します。

●TSAは乗客をからかっただけかもしれない。そのアイテムの名前がすぐにわかったようだから。

↑そうだ。とても正確に言っているじゃないか。単に「短剣」だとか、「クナイ」とかではない。

↑きっとそれが何かわかってInstagramに投稿した職員と、没収した職員は別なんだろう。

↑これを持っていた男は、これが何なのか正確に言えたんだと思うよ。

↑きっと書類にそう書きこまなくちゃいけなかった。

●正直、かなりカッコいいと思う。実際にそれが鋭利なのかわからないが、ファンとして部屋に飾りたいだけかもしれない。

↑もちろんそうだよ。単に壁にかけるだけだよ。手荷物じゃない。

↑それなら預け入れ荷物に入れればいいだろう。

↑預け入れ荷物の料金を払いたくなかったんだろう。

↑じゃあ郵送すればいいのに。

↑郵送料金も払いたくなかったんだ。

↑それで没収を選んだのか。

↑きっと頭も使いたくなかったんだ。

●TSA職員は最低のクズ人間よりも下賤だ。政府の職員は、どんなことがあっても搭乗客をバカにすべきではない。TSAにいるのは人間社会において役に立たないやっかいな奴らだけだ。

↑そんなにTSAを恨んでるなんて、これは君のナイフだったの?


手荷物として持ち帰るのは不可能だったようですが、没収されたクナイの行方が気になるところです。

(参照:「おい、日本のアニメキャラが凄いことになってるぞ…」海外のド肝を抜いていたおもちゃの写真)

【アメリカの空港の手荷物検査で「日本のマンガの道具」が没収される】を全て見る