あまり知られていませんが、実はほぼ全ての日本の自動車メーカが、WRCなどの国際ラリーにファクトリーチームが参加した経験があります。ラリーの競技車両は市販車をベースに製作するのでテストの側面からも他のモータースポーツカテゴリーより幾分参戦に理解があったのかもしれません。

●ホンダ

「サーキットは走る実験室」を標榜し、モータースポーツ活動は一貫してサーキットに軸を置いてきたホンダ。日本の自動車メーカーでは唯一、ラリーはプライベータ−の支援以外、目立った活動をしていませんが、全日本ラリーでは近年まで「インテグラ タイプR」(DC2)が大活躍していました。

1

しかし、生産終了後15年以上経過し、ホモロゲーション(認証)も切れました。現在シビック・フィットが国内外で奮闘中です。

●いすゞ

83年にファクトリーチームがRACラリー(イギリス)「ジェミニ」(PF)で参戦。初参加でクラス優勝を果たしています。残念ながらラリーの公式サイトにリザルトが未掲載でオフィシャルな総合の順位などは不明です。現在、乗用車を生産していませんので、復帰の可能性もありません。伝説というより神話のメーカーです。

●ダイハツ

小型車を中心に生産するダイハツも「シャレード」でサファリラリーに参戦し、何度も完走を果たしています。

2代目(G11)の時には、排気量が1Lだったエンジンをターボ化による排気量によるクラス分けで有利な926ccに下げて、グループB規定の200台を生産すると云う超本気マシン「926ターボ」(G26)を発売しました。

3代目(G110)でもサファリラリーへの挑戦は続き、93年にはグループAの並み居るモンスターマシンが次々と脱落するカーブレイカーラリーで総合5位で完走しています。

●マツダ

グループ4,グループB時代にRX-7(SA22C)で散発的な参戦後、グループA時代に「323」(6代目ファミリア)でWRCに本格参戦します。

1600cc・4輪駆動の323は2戦目のスウェーデン・ラリーで総合優勝を飾り、チャンピオン争いを期待されました。しかし、排気量上限2000ccに対して1600/1800ccでの挑戦は常にパワー不足との戦いでした。

その後バブル景気の後退により、モータースポーツ活動が縮小・撤退となりました。撤退時のベース車両はその年グループN(より改造範囲の狭いクラス)でタイトルを獲得するなど、基本性能が發っただけに撤退は惜しまれました。

しかし、現在もラリーのベース車両となるデミオ(15MB)を販売するなど、メーカーの情熱は今も灯されています。

●ニッサン

日産は1963年にサファリラリーへ参戦を開始しました。66年に「ブルーバード」(410)でクラス優勝を飾ると、更に510型ブルーバードや「フェアレディ240Z」(S30)では総合優勝を果たします。

その後、オイルショックによる活動縮小の中でも、「バイオレット」(710/PA10)による4連覇を果たすなどサファリには日産の黄金期がありました。

グループBからグループAと時代が移る頃も後輪駆動の240RS/200SXで参戦します。

が、4輪駆動が主流となる中では苦戦を免れず、4輪駆動車が待望されました。そしてコンパクトな車体にハイパワーエンジンを搭載した「パルサーGTI-R」が投入され「ラリーの日産」復活に期待が集まりました。

しかし、狭小なエンジンルームに高出力エンジンを登載した結果、重量バランスと冷却に苦しみます。更に規定でタイヤハウスの拡大が出来ず、14インチタイヤしか使用できないため、グリップ不足にも陥ります。3位を1度獲得しますが、車の素性部分の改善は難しく、2年程で活動を終了し現在に至ります。

●スズキ

1990年代から「イグニス」(Swift)でWRCの当時の下位カテゴリー(J−WRC)に積極的に参加、このクラスで数名のチャンピオンを輩出しています。

そして2007年にWRCへ「SX−4」でスポット参戦した後、2008年には全戦参戦。

本格参戦1年目にして5位を2度を獲得しましたが、リーマンショックによる影響でこの年限りで活動を終了しました。

●三菱自動車

初代「ランサー」(A73)でサファリを制するなど華々しい活躍を見せた三菱。「ギャランVR-4」でWRCに本格参戦します。4年間で5勝を挙げた後、コンパクトな「ランサー・エボリューション」にマシンを変更します。

グループAから改造範囲を広げたWRカーへ移行する期間に掛かりますが、グループA規定車両のままで進化を続けトミ・マキネンによるWRC4連覇(1996〜1999)を果たします。

その後、WRカーに移行しますが、他メーカーに後れをとった差は埋まらず、幾度かの参戦休止を繰り返した後に2005年を以って活動中止となりました。市販車でも「エボリューションX」の開発終了と同時にランエボ開発チームも解散。ランサー進化の系譜も途絶える事となりました。

●スバル

スバルが国際ラリーに本格参戦したのはグループA時代の初代「レガシィ」でした。

発売間もない頃よりWRCへの参戦を開始、無冠の帝王と呼ばれた「マルク・アレン」を招聘し、熟成を進めました。そして次戦より「インプレッサ」投入というラストチャンスに「コリン・マクレー」により、レガシイはWRC初勝利を飾ります。その後のインプレッサでの活躍に説明は不要でしょう。

3人(マクレー/リチャード・バーンズ/ペター・ソルベルグ)のワールドチャンピオンを輩出し、メイクスタイトル3連覇(1995-1997)を獲得。スバル車の基本性能の高さをアピールしました。

しかし、リーマンショックの影響で2008年を以てWRCより撤退しました。現在でも復帰が熱望されているメーカーですが、現行規定では改造既定の範囲ではボクサーエンジンより、直列4気筒の方が重心を下げられるなど問題なども多く、復帰はなかなか難しいようです。

現在、WRCで最高峰「RC1」クラスに参戦可能なラリーカーのエンジンは、GRE(グローバル・レース・エンジン)と呼ばれる最大回転数や燃圧を始め、細かく規定された1600ccの4気筒直噴ターボ。事実上のレース専用エンジンです。

このため、自動車メーカーといえど、以前ほど容易にWRCへの参戦はできなくなりました。しかし、それでもトヨタに続いてWRCに参戦する国産メーカーの発表を期待したいものです。

(川崎BASE)

【関連記事】

トヨタ・ヤリス(ヴィッツ)が勝った「WRC」って、どんなラリー?【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その1】
http://clicccar.com/2017/02/16/444791/

トヨタ優勝で盛り上がる「ラリー」って、どんなモータースポーツなの?【今更聞けない!ラリーのイロハ・その2】
http://clicccar.com/2017/03/04/444864/

トヨタは世界にWRC復帰を待望されていた!【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その3】
http://clicccar.com/2017/03/05/446328/

意外なクルマもラリー参戦!? 国産ラリーマシン一挙紹介【今さら聞けない!ラリーのイロハ・その4】(http://clicccar.com/2017/03/10/451851/)