9日、映画「嫌疑人X的献身」(容疑者Xの献身)の記者発表会が北京で行われ、アレック・スー監督と俳優チャン・ルーイー、女優ルビー・リンが出席した。

写真拡大

2017年3月9日、映画「嫌疑人X的献身」(容疑者Xの献身)の記者発表会が北京で行われ、アレック・スー(蘇有朋)監督と俳優チャン・ルーイー(張魯一)、女優ルビー・リン(林心如)が出席した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

台湾の俳優アレック・スー(蘇有朋)の監督第2作目となる「嫌疑人X的献身」は、東野圭吾氏の人気推理小説を映像化した作品。主演は中国の俳優ワン・カイ(王凱)とチャン・ルーイーで、それぞれ物理学者の唐川教授(湯川学)、数学教師の石泓(石神哲哉)を演じる。さらに、殺人容疑をかけられるシングルマザーのヒロイン役として、ルビー・リンが出演している。

アレック・スーとルビー・リンは、97年に社会現象化するほどのヒット作となった時代劇ドラマ「還珠姫 〜プリンセスのつくりかた〜」で共演して以来、非常に仲が良いことで知られる。今回、親友の映画を飾ったルビー・リンだが、現場でのアレック・スーは思いのほか厳しかったとのこと。撮影に参加して最初のシーンでは、ほんの短い場面ながら20回以上もNGが続いた。しかも、それほど熱意を込めて撮ったにもかかわらず、「そのシーンは全部カットされた」という。

昨年、俳優ウォレス・フォ(霍建華)と結婚し、今年1月初めに第一子長女を出産したばかり。撮影中はちょうど妊娠中だった。演じたシングルマザー役についてルビー・リンは、「母親なら誰でも、自分を犠牲にして子供を守ろうとするもの。実生活でもちょうどママになっていたので、この役への思いがより深くなった」と語っている。

話題の映画「嫌疑人X的献身」は、中国で3月31日から公開予定。(翻訳・編集/Mathilda)