情報科学芸術大学院大学(IAMAS)は2017年3月10日〜3月16日の期間中、東京・原宿にあるラフォーレ原宿にて「Calculated Imagination IAMASが発信するメディアアート展」を開催する。

IAMASは、先端的技術と芸術的創造の融合を建学の理念とし、未来の社会と文化のかたちを提案して実践することを目指す教育・研究機関。卒業生にはクワクボリョウタ、真鍋大度、長谷川愛、三原聡一郎、菅野創、山城大督などのメディア・アーティスト、セミトランスペアレントデザイン、GOCCO.などのデザインファクトリーやエンジニア、研究者がいる。

同展示会はIAMAS創立20周年を記念して、IAMASの発信するメディアアートの世界を紹介する展覧会。6名の作家による作品展示のほか、会期中にはDJ/VJによるクラブイベントや、卒業生とIAMAS教授によるトークイベント、ライブパフォーマンスが行われる。さらに、展覧会の時空間をアーカイブすることを目的として、展示空間における作品や来場者の動きを3Dスキャニングでアーカイブとして記録する。展覧会の入場料は無料。

IAMASが発信するメディアアート展