近頃なんだか太ってきたような。横腹のお肉がプニプニつまめて辛い。やせたくても食欲が抑えられないから食べちゃう。これは痩せたい女性にとって、常日頃から抱えている「あるある」ですよね。痩せようとどんなに頑張ろうとなかなか上手くいかない。

これがダイエットの辛いところ。ダイエットのためには何が有効か。当然運動や食事制限は常識。特定の食材を中心に食べたり、お風呂で脂肪燃焼を図る方法など、数え始めたら切りがありません。このようなダイエットに有効な方法のうち珍しいものがあります。それが色によるダイエット。実は色1つでわたしたちのダイエットの大きな味方となってくれるのです。

色で食欲を操作できる?

人気な飲食店に行くと、よく暖色系の赤っぽい明かり、黄色っぽい明かりが点灯されていますよね。実はこれお店側の策略の1つなのです。暖色系の赤やオレンジや黄色は、人の食欲中枢に訴えかけ、食欲を増進するよう働きかけるカラーであることがわかっているからです。お店側はどんどん食べてもらって、どんどんお金を落としていってもらいたい狙いから、こういった暖色系の明かりを採用しています。「このお店おいしいからついつい食べてしまうんだよね」と言っているあなたは、実はお店側の狙いにまんまと乗せられているのかもしれません。

色で食欲を抑えるにはどうすればいいの?

とはいえダイエットにおいて食欲を増進する効果なんていらないですよね。逆に食欲を抑える色の方がみなさんの気になるところだと思います。ずばりその食欲を抑える色を挙げるとなれば、寒色系の青、もしくはそれに近い色が効果的です。青系には人の食欲がわかないよう働きかける性質があるようで、この性質を応用した、青色のダイエットメガネなる商品まで多数販売されているようです。もしあなたがご飯を食べるときに食欲を抑えたいのなら、食卓の風景を青に、照明を青に、もしくは青色に見えてしまうメガネをかけてみるといいかもしれません。食器類をブルーにするだけでも食べ過ぎ防止効果があるとか。

リラックスやデトックスに効果的な色

ちなみにストレスフルな1日から開放され、いち早くリラックスしたいという方には、緑がおすすめの色です。緑は心身のリラックスに働きかける性質を持つようで、身体のめぐりを良くし、デトックスも期待できるとか。自然の緑の中で癒されるのは、この緑による効果でもあるのかもしれません。ベッドルームに緑を貴重とした壁紙やインテリアを配置し、より快適なリラックスの場を設けてみてはいかがでしょうか。常にリラックスしたマインドでいることはストレスによる過食を抑えるのにも効果的です。


writer:サプリ編集部