ディズニーの新作アニメ『モアナと伝説の海』の壮大な海とモアナの冒険は、凹んだ気持ちをグワーっと前に向けてくれるよ【最新シネマ批評】

写真拡大

【公開直前☆最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのはディズニーの新作アニメ『モアナと伝説の海』(2017年3月10日公開)です。春めいてきましたが、まだまだ「さむっ!」とつぶやいてしまう毎日を吹っ飛ばしてくれる『モアナと伝説の海』は、南国が舞台。海、空がドーンと現れて気持ちよく、そこで育ったモアナ嬢の大海原での大冒険が描かれます。では物語から。

【物語】

南の島で育ったモアナは海の向こうへの憧れが止みませんでしたが、海へ出ることは危険を伴うと禁止されてきました。

そんなとき、モアナたちが住む島に危険が訪れます。命の女神テ・フィティの「心」が盗まれてしまい、島に闇が迫って来たのです。モアナは祖母に背中を押されて、父に禁止されていた海へと船をこぎ出します。テ・フィティの「心」を取り戻し、島と海に平和を取り戻すために。

【海の美しさと怖さが表現された海映画でもある】

序盤はモアナの幼少時代。海との出会い、ある不思議な出来事との遭遇、モアナと家族の関係などが描かれますが、モアナが16才になり、大海原へ飛び出してからは、ほとんどが海のシーンです。

海は広く美しく、波音は人々の心を癒してくれますが、時に恐怖のドン底へと陥れることもあります。そんな海に、本作は多彩な表情を持たせました。波がモアナを包み込むように現れたり、荒波で振り回したり、キラキラと美しい海面を見せたり、あらゆる海の形状を披露してくれます。海とモアナのW主演って感じですよ。

【モアナの相棒、英雄マウイの面白さ】

モアナの海の旅には相棒がいます。まずはニワトリのヘイヘイ。知能指数ゼロという設定が気の毒なんですが、海の大冒険でおとぼけを繰り返し、コメディリリーフとしていい仕事をしています。

そして、ココナッツの海賊カカモラ。カカモラは相棒ではなく、敵ですね。見た目かわいいんですけど、けっこう冷酷で意外性に驚きです。

そして最強の相棒、マウイ。海と風を自由に操る力を持っている元・英雄ですが、ある物を盗んだために力の源、神の釣り針を失ってしまうのです。その彼が、モアナと出逢い、再び英雄になるために動き出すんですね。

マウイはユニークなタトゥーが特徴で、タトゥーには過去の出来事が刻まれ、ときどき動き出すんですよ。タトゥーを見て「可愛い」と思ったのは初めてかも。

胸ピクピクさせて肉体自慢をしたりする、俺様キャラのマウイの声はドウェイン・ジョンソン。アメフト選手 → プロレスラー(ザ・ロック)→ 役者という経歴の持ち主で、いずれも成功を収めているのがスゴイ! 今回のマウイ役もピッタリ。ノリノリで軽快な歌声も披露しており、その多才ぶりには驚きです。

【モアナの海の冒険には教えられることイッパイ】

そしてモアナ。ディズニーアニメはいろんな人種の主人公が登場するのが特徴ですが、今回は南国のヒロイン。『リロ・アンド・スティッチ』のリロもハワイの女の子でしたが、リロよりもちょっと年上で、ルックスもいまどき感があります。

好奇心と正義感で海へ飛び出すモアナ。知らないことだらけの海の世界で、彼女は、マウイや自然や海の生物などから様々なことを学び、成長していきます。社会の荒波でもまれて凹みそうになっている女性は必見かも。

何か新しいことをしようとするときは、失敗はある、恐怖もある、くじけそうになることもあるけれど、周囲の言葉に耳を傾け、時には助けてもらいながら、前を向こう! と。モアナに自分を重ねあわせる人、いるんじゃないでしょうか。この映画はメッセージ性が強烈にあるわけじゃないけど、響くんですよね。押しつけがましくないところが好感度高いです。

とにかく海、空、雲が気持ちいい! この映画は絶対に大きなスクリーンで見た方が楽しめること必至。思い切り夏を先取りする映画『モアナと伝説の海』で、南国へGO!してください。

執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『モアナと伝説の海』
(2017年3月10日より、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー)
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ
声の出演:アウリィ・カルバーリョ、ドウェイン・ジョンソン、レイチェル・ハウス、ジェマイン・クレメントほか
日本語吹替え版・声の出演:屋比久知奈、尾上松也、夏木マリ、ROLLYほか
(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

この記事の動画を見る