初対面で「また会いたい」と思わせる演出法

写真拡大

初対面の印象がその後の人間関係を左右することは多いものだ。見た目で「感じのいい人だ」と思うと、その人の話していることまでが好意的に受け止められる。

『一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?』の著者でもあるイメージコンサルタントの中井信之氏は「相手に受け入れてもらうためには、清潔感のあるベーシックな服装が一番」と助言する。

おすすめは、無地あるいはストライプの紺色のスーツに同系色のネクタイ。ワイシャツも白が基本。ボタンダウンはカジュアルに見えるのでNGだ。新品を身につけるのも、着心地が悪く落ち着かなくなるため避けたい。

話すときの態度も爽やかさや落ち着きを見せることが大事だ。初対面のときは馴れ馴れしいと思われるので、スーツの前ボタンを締めたままにしておく。会話中にスマホの着信音が鳴りだすのはもってのほか。部屋の暖房が利きすぎて暑いことも想定し、汗をぬぐうための白いハンカチは必携だ。

相手の話すスピードやリズムに合わせるのも、好印象を持たれる手法だ。ゆっくりしゃべる人にはこちらの話すペースも落とし、せっかちにしゃべる人にはキビキビと対応するのがいいだろう。

表情で気を配りたいのは、口角をきれいに上げて、爽やかな笑顔をつくることだ。

「いわゆるアイスブレークの笑顔ですから、本心から面白くて笑うわけではありません。つくり笑いといえば語弊がありますが、気持ちのよい笑顔を相手に向ければ、先方も笑顔を返してくるはずです」

初めての訪問は誰しも緊張するものだが、ひときわあがり症の人はどうしたらいいのか。皮膚科学や美容、アンチエイジングの分野を追究している北青山Dクリニックの阿保義久院長は「訪問の直前に、自分の好きな香りをかぐのも効果的です」と言う。「香りは情動をコントロールする脳の扁桃体に直接作用し、精神や感情の安定につながるとされています」。

初対面でもリラックスした雰囲気で対応できれば、印象に残る。

【場にふさわしい演出ルール】

▼服装
[GOOD]
・無地かストライプの紺スーツと白シャツ
・スーツと同系色で少し濃い色のネクタイ
[NG]
・初めて袖を通す着慣れないスーツ
・置いたとき安定感の悪い鞄

▼マナー
[GOOD]
・スーツのボタンをはずさない
・相手の話し方のリズムに合わせる
[NG]
・スーツのしわが目立つ
・スマホの音やバイブを切っていない

▼姿勢・表情
[GOOD]
・口角を上げた爽やかな笑顔
・リラックスした表情
[NG]
・無表情で感情が見えない
・無理に背筋を伸ばしすぎる

■顔エクササイズで表情と顔色を改善!
――北青山Dクリニック 阿保義久

顔の中で筋肉がよく動くのは目や口の部分です。目の周りを覆っている眼輪筋と呼ぶ筋肉や、頬骨から口の外郭までの頬筋という筋肉を動かすと豊かな表情をつくれます。同時に脳の神経も刺激して血流もよくなり、顔色もパッと明るくなるでしょう。

おすすめの顔エクササイズは、目の場合、大きく見開いた後、まぶしいときにやるように上まぶたと下まぶたを近づけます。

「見開く、まぶしい」を繰り返すのです。また、口の場合は、口角をしっかり広げて歯を出すようにすると頬筋がよく動きますし、笑顔を意図的につくる訓練にもなります。

舌を動かしてみるのも、顔色や表情をよくします。口を閉じたまま唇の内側に沿って舌をぐるっと回したり、いろんな方向に動かしてみてください。

----------

ポージングディレクター 中井信之
劇団退団後、モデルに転身。国際イメージコンサルタントの資格も持つ。表情、話し方、動作で個性を活かす技術を指導。
 
北青山Dクリニック院長 阿保義久
東京大学医学部卒業。東京大学医学部血管外科・腫瘍外科を経て独立。アンチエイジングなど、世界の最先端の医学情報にも通じる。
 

----------

(Top Communication=文 PIXTA=写真)