新作が製作決定! (C)DMM.futureworks Co., Ltd.

写真拡大

 2016年10〜12月に放送されたショートアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」の新作が製作されることがわかった。ライブホログラフィック専用劇場「DMM VR THEATER」(横浜市西区)で、今夏から上映される。現段階ではタイトル、ストーリー、上映期間などの詳細は明らかになっていない。

 「3ねんDぐみガラスの仮面」は、美内すずえ氏の長寿少女漫画「ガラスの仮面」を、ギャグ満載の学園ドラマとしてアレンジしたショートアニメ。「ガラスの仮面ジェネレーション」からタイムスリップしてきた究極の芝居人・マヤ、亜弓、月影、桜小路、速水が、人々に情熱をぶつけていく姿をコミカルに描いた。「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」「ノラガミ」のシリーズ構成を担当した赤尾でこが脚本を手がけ、「秘密結社 鷹の爪」で知られるDLEがアニメーションを制作した。

 ライブホログラフィックは、3DCGで制作された映像を奥行きのある空間に映し出すことで、あたかもそこにキャラクターが存在するかのような錯覚を作り出す立体映像表現。今回の上映では、同技術を用いることで、テレビシリーズとは一線を画す迫力の映像を堪能することができる。

 さらに、メインキャストの阿澄佳奈、大久保瑠美、田中敦子、梶裕貴、小野大輔が登壇するスペシャルイベントが、2018年1月21日に都内某所で開催されることが決定した。5月26日発売のブルーレイ&DVDに、同イベントの招待申し込み券(抽選)が封入される。