日本とは違い海外では朝食をカフェで食べる文化が根付いている国が多くあります。欧米でも朝からコーヒーとサンドイッチ、クロワッサン、パンケーキといったおいしそうなメニューを取り揃えているところが多いです。しかし、現実は朝食を家で食べている人が大多数。実際欧米女子たちは朝食になにを食べているのか調べてみたところ、とってもヘルシーな考えを持った人がたくさんいました。今回は、欧米らしいヘルシーメニューをご紹介します。

時間がないからこそスムージー

一時期日本でもスムージーブームがありましたよね。果物が高く続かない人が多かったのではないでしょうか。また、気候のせいか寒さで飲み続けられないと言う人も。でも、欧米女子はそんなのお構いなし。
朝は簡単に作れてお腹が満たされるスムージーが大人気です。果物はリンゴやバナナ、それ以外にも冷凍のベリーやマンゴーを取り入れて、より簡単なスムージーを飲んでいる人がたくさんいます。朝起きたらとりあえずスムージーを作って、そのまま会社に持参。ゆっくり飲むことで身体が冷えることもなく過ごせるようになるそうです。

オーソドックスなヘルシーメニュー

朝から栄養素をしっかりととれるヘルシーメニューとして、グリークヨーグルトを食べている人もとても多いです。普通のヨーグルトと違いしっかりとした食べ応えがとても人気で、お昼までの腹持ちを考えてグリークヨーグルトをとりいれているそうです。
そこに、より栄養があるチアシード、ナッツ、フルーツで彩りを添えることで見た目にも満足感を与え、おいしさを倍増させています。日本では少しお値段が高いグリークヨーグルトですが、それを毎日たっぷり食べられるのはうらやましいですよね。

活動的な人が食べるメニュー

身体を動かす女性のなかには、たんぱく質を朝食にとりたい! という人も多いようです。卵、チーズ、アボカド、さらにお腹を満たすためにたくさんの生野菜も付け加えるのだとか。朝食は重要と考えているにもかかわらず、食材をシンプルにして簡単に調理できそうなものをチョイスしていますよね。お手軽サラダも作れそうな素材選びです。

ベジタリアンに人気の満たされるメニュー

朝食だけでもベジタリアンを意識している欧米女子はたくさんいます。なかでも人気なのがオートミールです。牛乳を使うのでは? と思われがちですが、欧米ではアーモンドミルクやカシューミルクがベジタリアンのなかで主流の飲み物とされていて、料理に使われている食材のひとつです。これらのミルクを使ってオートミールをお粥状にし、ブルーベリー、バナナ、メープルシロップをかけて温かい状態で食べるのが常識。
混ぜるだけでできちゃうオートミール粥なので、忙しい朝でも簡単にできてしまいます。日本人の私たちにもオートミールはお腹に優しそうなので、マネできそうですね。