写真提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の波瑠と俳優の岡田将生がダブル主演を務める日本テレビ系スペシャルドラマ『北風と太陽の法廷』(17日21:00〜)に、ジャズ・ピアニストの高木里代子や元水泳選手の田中雅美といった異色のキャストが、法廷シーンの証人役として出演することが10日、明らかになった。

このドラマは、"北風"のような無敗の冷徹弁護士・櫻川風香(波瑠)と、"太陽"のような円満解決の天才弁護士・麹谷陽太(岡田)という正反対の2人が、離婚裁判にもつれ込んでしまった夫婦の双方の代理人となって戦う物語。裁判の重要な鍵を握る人物として、各界から豪華ゲストが続々登場することになった。

高木は、とある男性と不倫関係にあるピアノ講師役として証言台に。「私には、奥さんと別居中で、もうすぐ別れるって」と、裁判官の情に訴えかける。

田中も、離婚裁判の証言台に立ち、「一緒になろうって言ったじゃない! 嘘つき!」とド迫力の罵声で一喝。不倫相手の男性をタジタジにさせる。

他にも、TKOの木本武宏が、 "絶対別れたくない妻"・原響子(川島海荷)がバイトしているガソリンスタンドの従業員。おのののかが"絶対別れたい夫"・原正治(山本裕典)と密会を重ねていた女性。ココリコの遠藤章造が、今回の離婚裁判が大きく動く第一の重要人物として登場する。

また、同作のHuluオリジナル版ストーリーが、きょう10日から配信をスタート。風香と陽太が出会う少し前の物語を、それぞれ波瑠主演の『北風の法廷』、岡田主演の『太陽の法廷』というタイトルで配信する。

配信スケジュールは、『北風の法廷』前編が10日から、後編が17日から。『太陽の法廷』前編が24日から、後編が31日から。