注目の新店舗ルノー所沢店スタッフが語るルノーの魅力とは?

写真拡大 (全17枚)

他の輸入車ブランドを手がけてきたノウハウが活かされた心地よい店舗

国道463号に面した大きなショーウインドウから、個性豊かに並ぶルノーモデルが印象的な、ルノー所沢。昨年11月にオープンしたばかりの店舗は、埼玉県初の大型ルノー専売ディーラーとして注目を集めている。

店内に入ると、イエローやグリーンといったルノーらしいインテリアと、明るく開放的な空間が心地よく出迎えてくれた。ソファから展示車を眺めているだけで、なんだかウキウキしてくる雰囲気だ。

心地よさはその空間だけでなく、営業担当の伊藤 浩さんをはじめ、スタッフ全員の真心こもった応対からも伝わってくる。

というのもルノー所沢を運営するビジョナグループは、輸入車の正規ディーラー事業においてすでに10年以上の実績があり、ドイツ車、イギリス車など多くの輸入車を顧客の元へ送り届けてきたこの道のベテラン。そのなかで培ってきたノウハウが、ルノー所沢にもしっかり受け継がれているからこそ、そうした心地よさを感じるのではないだろうか。

なかでもとくに豊富な経験を持つ、ビジョナグループ取締役/営業統括の大曽根 孝さんは、輸入車の魅力についてこう話してくれた。

「輸入車のいちばんの魅力は、ブランドを語れるところだと思っています。当社はシトロエンでフランス車の経験がありますが、哲学的なところなど、語れるエピソードが多いと感じます」

確かにルノーは1898年の創業以来、日本でもタクシーとして大活躍した4CVや、世界中で大ベストセラーとなった5(サンク)、斬新なデザインのミニバンであるエスパスなど、ルノーにしか創れないモデルを数多く生み出し、そのベースとなっている考え方やものづくりの姿勢はとても興味深いものばかりだ。

「日本では、ルノーはまだ輸入車のなかで知名度は低いですが、逆に言えばそれは私たちが作っていくことができるということ。未来を語れるブランドだと思うのです。また、輸入車購入時には女性のお客様の意見が大きく左右することが多いのですが、フランスは女性にとてもポジティブなイメージを持たれておりますので、そこを強みにできる可能性もあると考えています」

ルノーはルノー車にしかない独特の魅力を備えたブランド

ルノーには、これからさらに成長していける将来性があると、大曽根さんは太鼓判を押す。店舗オープンの地に所沢を選んだのは、ビジョナグループが初めてディーラーを手がけたのがこの所沢であり、地域に根ざしたサービス、顧客との生涯のお付き合いを大切にしたいという代表の想いがあるからだという。

そんなルノー所沢で、新たに営業スタッフとしての人生をスタートしたのが、伊藤 浩さんだ。といっても前職で接客サービスの豊富な経験があり、真摯でやわらかな応対が印象的。伊藤さんにとって、ルノーの魅力とはどんなところだろうか。

「やはりデザインや色、個性的な内装はルノーにしかない大きな魅力だと思います。そして新型トゥインゴのリヤエンジンのレイアウトなどもそうですが、既成概念を超えたクルマづくりをしているところも感心しますね。お客様からも、『今どきやらないよね、こういうの』と言われるほどです(笑)」

日本車が欧州車に近づき、欧州車も日本車の良いところを取り入れたモデルを作っていくなかで、ほかにない個性というものは少しずつ薄れているように感じる。でもフランス車、とくにルノーはそうした流れになびくことなく、常に独自のデザイン、カラー、あっと驚くメカニズムで私たちを楽しませてくれる。

「性能や装備面で見れば、日本車に付いているものが付いていないこともあるのは事実です。ただ、そうしたものを求めているお客様ばかりではなく、人とは違う何かを求めているお客様もいらっしゃいますので、ルノーはそうしたお客様に選んでいただいていると感じています」

ルノーの歴史や哲学、ほかにはないデザインやカラーに魅せられ、誇りを持ってルノー車に乗っている人は、ほんとうに多い。これは伊藤さんも現場で深く実感したことだという。ただこれからは、ルノーをまだよく知らない人や、クルマに詳しくない人たちにも、ルノーの魅力を伝えていきたいとも語る。

売るだけでなくクルマを通じて一生涯のお付き合いをしたい

「何の先入観もなく、ただこのショールームの前を通りかかって気になったというお客様や、デザインなどが好みで見に来てくださったお客様もいらっしゃいますし、カングーなどはご家族連れのお客様もたくさん見に来てくださいますので、それをきっかけにルノーをもっと知っていただけたらいいですね」

より多くの人にそうしたきっかけを持ってもらうために、ショールームの展示車の配置などには、ビジョナグループ代表が長年の経験で培ったこだわりで細かな指示が入るという。伊藤さんも目下、それを学びながらより良いショールームづくりを実践している最中だ。

最後に、正規ディーラーとしてのルノー所沢の強みは何かと質問すると、伊藤さんはこう答えてくれた。 「弊社代表がいつも言っているのが、クルマを売るだけでなく、クルマを通じて一生涯のお付き合いをすることが我々の使命だということなんです。クルマはいずれ壊れてしまうかもしれないけれど、そのお客様とはずっとお付き合いができるように、ひとりひとりを大事にすることを常に心がけています。そのお客様のクルマの状態をしっかり把握して、小さなことでもいつでも対応できるようなディーラーを目指したいですね」

ルノー所沢には、ビジョナグループ創業時からのメカニックが在籍しており、彼の元には今も、当時の顧客が彼を頼ってやってくるという。それはビジネスを超えた、「人と人」としての絆がしっかりと育まれているからこそ。こうしたスタッフひとりひとりの想いが集まるルノー所沢は、ルノーを通じてこれからもっと、そうした温かな絆をたくさん生み出していくことだろう。