© 2017 Trend Micro Incorporated. 以下同じ

『ウイルスバスター』で有名なトレンドマイクロが、iPhone向けにVPNアプリ『フリーWi-Fiプロテクション』を公開しました。

公衆無線LAN・Wi-Fiに接続した際にその通信を暗号化することで、情報の盗み見を防ぎます。

フィッシング詐欺・偽サイトにアクセスしようとした際には、それをブロックする機能も備えています。

VPNアプリ『フリーWi-Fiプロテクション』の仕組み

公衆Wi-Fiは誰が管理・利用しているかが分かりづらく、悪意を持った人物が設置・管理・利用していれば、通信内容を盗み見される恐れがあります。

そこでフリーWi-Fiプロテクションは、iOSが対応するVPNという機能を使い、iPhoneがトレンドマイクロのサーバを介して通信するように設定。さらにその間の通信はすべて暗号化します。

これによって中間地点のWi-Fiを通る通信も暗号化されるため、Wi-Fiの管理者・ほかの利用者による盗み見は困難になります。

フリーWi-Fiプロテクションの使い方

アプリを初めて起動すると「”Free Wi-Fi Protection” Would Like to Add VPN Configurations」と表示されます。

日本語で「フリーWi-FiプロテクションがVPNの設定をiPhoneに追加しようとしています」という意味です。また、「このVPNを使っている間、iPhoneでのすべてのネットワーク活動がフィルタリングされたり監視されたりします」との注意書きも書かれています。

フリーWi-Fiプロテクションを利用するには【Allow】をタップ。


iPhoneのパスコードを入力すると、VPNの設定が行われます。


設定が完了すると、画面はフリーWi-Fiプロテクションに戻ります。

この状態だとVPNはオフです。丸いボタンをタップすると・・・


VPNがオンになり、iPhoneとトレンドマイクロのサーバー間の通信が暗号化されます。


iPhoneの画面左上に「VPN」というロゴが表示されていることを確認してください。


設定がうまくできていないときは、画面上に「ここをタップしてVPNを設定してください」と通知が表示されます。通知をタップして再度設定しましょう。


信頼できるWi-Fiを登録することも可能

信頼できるWi-Fiを登録することで、そのWi-Fiに接続している間はVPNをオフにすることもできます。

VPNをオン・オフできる丸いボタンの上にある「これは信頼できるWi-Fiですか?」横の【▼】をタップすると・・・


【はい】・【いいえ】で登録できます。信頼できる場合は【はい】を選びましょう。


フリーWi-Fiプロテクションの料金体系

7日間は無料で試せます。お試し期間の終了後も利用するにはライセンスの購入が必須です。

ライセンスは1年間で2,900円、2年間で5,000円。いずれもアプリ内課金で購入できます。

ライセンスは1台だけに適用されるため、例えばiPhoneのほかにiPadも使っている場合、iPadで使うにはライセンスを別途購入する必要があります。

セキュリティソフトで有名な企業が提供するVPNアプリなので信頼感があります。公衆Wi-Fiを使う機会が多い方はぜひお試しください。

参考

フリ-Wi-Fiを安全に利用するための「フリ-Wi-Fiプロテクション™」を発売 | トレンドマイクロフリーWi-Fiプロテクション - トレンドマイクロ