疲れが出る金曜日こそ元気を充電!「1分朝ヨガ」のすすめ

写真拡大 (全4枚)

一週間の中日である木曜日。軽快にスタートした週初めからの疲れも出てくる頃です。

後半も軽い心と体で乗り切るためには、ここで体に元気をチャージしておきましょう。

ヨガインストラクターである筆者が、朝目覚めてすぐできる心と体を元気にして、軽々と週末まで乗りきれる1分朝ヨガをご紹介します。

背骨に刺激を!心と体がシャキッとする「反りのポーズ」をしてみよう

起き抜けに伸びをして目を覚まそうとすることがありますよね。伸びをするのは、寝ている間に固まった体や背骨をストレッチして、自律神経を整えるのに最適なのです。

その起き抜けの朝にオススメなのが、背骨に刺激を与える“反りのポーズ”。寝ているときに優位だった副交感神経から、心身を活動的にする交感神経を優位にしてくれ寝覚めもスッキリ。頭も冴えわたります。

1分でOK!壁を使って「反りのポーズ」をしてみよう

(1)壁に背を向けて立ち、両手を頭上にあげてひじを曲げ、指先が下にくるように掌を壁につけましょう。

(2)掌で壁を押しながら体を一歩前へ出しましょう。二の腕とお腹全体が伸びる位置が目安です。30秒キープします。

(3)下腹部に力を入れて、息を吸いながら頭から後ろへ倒すように体をリードし上半身を反らしていきましょう。

(4)腰から反ってしまうと体を痛めるので、お尻を前に押し出すようなイメージで反らしていきましょう。30秒キープします。

頭と首の力を抜くと背骨がスムーズに反りやすくなります。首がすくんでいると肩や背中に力が入ってポーズが取りにくくなりますし、腰を痛めてしまう危険もありますので様子を見ながら行いましょう。

いかがでしたか? 週の中日のとっておきのポーズにしてもいいですし、前日に睡眠時間が足りず寝覚めが悪い時にもオススメのポーズです。早速試してみてくださいね!

【画像】

※ lightwavemedia / shutterstock

【筆者略歴】

yuuka

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。