交際期間はいつも3ヶ月未満。恋愛初期でつまずく女子、その原因は

写真拡大



この人だ!と決めて付き合うまでは早いのに、いざ付き合うとなるとうまくいかずにすぐに交際終了。「付き合っても3カ月以上続かない…」と悩んでいる女性もいるのではないでしょうか?付き合うことまではできるのに、関係を継続させることができないのは、いつも初期段階でつまずいている、つまりn恋愛の仕方で何か問題があるから。ここでは、そんな女性たちに原因を聞いてみました。

■■連絡の回数を愛情の指標にする

「付き合うまでは連絡を頻繁にくれたのに、付き合ってからはあんまりLINEをくれなくなる男が多い!愛情が減ったのかなって不安になって、他の男友達と飲みに行っちゃったり…。それで誤解されて別れることがよくある」(20代/学生)

彼の気持ちがわからずに不安になる女性に限って、連絡の頻度を愛情の指標にしてしまいます。付き合う前と比べて連絡が少なくなるのは、彼があなたのことを信頼して、「普段通りの自分の対応」をするようになったからです。決して、愛情が薄くなったわけではありません。ひとりで先走り、寂しさに耐えられずに彼以外の男性と遊ぶというのは幼稚な行動です。見えない愛情に気付ける女性になりましょう。

■■元カノについてSNSで調べる

「彼の過去の恋愛がめちゃくちゃ気になってしまう。彼から聞いた元カノの名前を覚えていて、SNSでチェックして可愛いのを知って落ち込んで…。だんだん自分に自信がなくなって、フラられる前に自分からフッてしまう」(20代/学生)

自分に自信がない女性ほど、元カノの存在を気にしてしまいます。そして、元カノが可愛かったり素敵だったりすると、ますます落ち込んでしまうもの。元カノは今では過去の存在なので、比較する必要はありません。ヘタに調べると妄想ばかりがふくらみ、「私なんて…」とネガティブになってしまうことも。元カノのことは封印しましょう。

■■言いたいことを我慢して言えない

「“彼は私が猫をかぶっていたときの性格が好きなんじゃないか”と不安になって、言いたいことも言えずにいい女を演じて我慢…。ストレスが爆発して破局に至ります…」(20代/医療)

付き合えたと思うと、今度は「嫌われたくない」「フラれたくない」「彼は本当の私を知らない」という思い込みから、言いたいことを我慢していえない状態に陥る女性もいます。彼に本音で話せないので、ストレスはたまる一方…。どうせ本当の私のことなんて受け入れてくれないと勝手にふてくされてしまいます。恋愛は無理をしても続きません。ストレスがたまる前に、少しずつ彼に素を見せていきましょう。

■■好かれるために尽くす

「彼氏になると、もっと好きになってもらいたくてなんでもしてあげちゃいます。でも心のどこかでは見返りも求めていて…。だいたい“重い”とか“君の気持ちと釣り合わない”って言われてフラれちゃいます」(20代/IT)

彼にもっと好きになってほしいから!という理由で、尽くしまくる女性も恋愛初期でつまずきがちです。彼のことをなんでもしてあげたい一心でやっているのならいいですが、好かれるために尽くすことは、彼に対して媚びていることと同じです。彼がそれを「重い」と感じたり、自分自身が「こんなにしてあげているのに」と不満を募らせるだけ。無理して器の大きな女を演じるのはやめましょう。

■おわりに

恋愛初期でつまずいてしまう女性は、必要以上に無理をしてしまいがち。偽った自分を演じ続けて苦しくなったり、目に見えてわかるものだけに執着して信じ切ってしまったりする傾向があります。大事なのは、自分と彼の気持ちだということを忘れずに、ゆっくりと愛を育てていきましょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(柳内良仁/カメラマン)