故障者/鹿島=なし 横浜=齋藤、下平、山中
出場停止/鹿島=なし 横浜=なし

写真拡大 (全2枚)

J1リーグ 第3節
鹿島アントラーズ-横浜F・マリノス
3月10日(金)/19:00/県立カシマサッカースタジアム
 
鹿島アントラーズ
今季成績(2節終了時):9位タイ 勝点3 1勝0分1敗 1得点・1失点
 
【最新チーム事情】
●シーズンイン後、月曜日に初めてのオフ。石井監督は「オフでゆっくりできて、良い練習の入りができた」と満足のいく準備ができたことを強調。
●ルーキーの安部が初のベンチ入りか。
 
【担当記者の視点】
 公式戦2連敗で迎えた前節・甲府戦は、1-0の完封勝利。悪い流れを断ち切り、チーム状態は上向きで首位・横浜を迎えうつことに。
 
 相手はエース齋藤を欠くとはいえ、おそらく最初からアグレッシブに攻めてくるはず。この時間帯をゼロでしのぎながら、隙をついてゴールに迫りたい。
 
 戦力的には分があるとはいえ、相手は2連勝中と勢いがある。慎重に試合に入ることで、徐々に主導権を握る展開が理想的だろう。
 
J1リーグ 第3節
鹿島アントラーズ-横浜F・マリノス
3月10日(金)/19:00/県立カシマサッカースタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(2節終了時):1位 勝点6 2勝0分0敗 6得点・2失点
 
【最新チーム事情】
●齋藤が右ふくらはぎ負傷で遠征には帯同せず。
●札幌戦を負傷欠場した金井が先発復帰濃厚に。鹿島戦のピッチに立てばJ1通算100試合出場となる。
●1トップは富樫がH・ヴィエイラか。両者とも好調を維持しており、激しい定位置争いが繰り広げられている。
 
【担当記者の視点】
 開幕2連勝と目下絶好調。しかし、ここに来て齋藤が右足負傷で欠場と、大一番で絶対的エースを欠く苦しい状況となった。
 
 もっとも、チームには打開力に優れるマルティノスがいる。トリッキーなドリブルが持ち味のアタッカーがどこまで王者・鹿島を苦しめるか期待したい。
 
 齋藤に代わり、スタメンが濃厚の前田も個の力に優れ、トップ下のバブンスキーは2戦連続ゴール中と勢いがある。中澤擁する伝統の堅守をベースに、総力をあげて齋藤不在の穴を埋めたい。