柳家睦とラットボーンズ『そして熱海秘宝舘』

写真拡大

 日本のアンダーグラウンドシーンの中で、1990年代後半からサイコビリーというジャンルが盛り上がりを見せ始めた。その一番の要因が、ライブイベント『TOKYO BIG RUMBLE』であることは、サイコビリーファンであれば誰もが知る事実である。

(関連:友川カズキが語る、音楽とリスナーの関係「こっちも表現者だけどね、聴く方も表現者だ」

 この『TOKYO BIG RUMBLE』を主催していたのが、BATTLE OF NINJAMANZのボーカリストである柳家睦という男だ。

 サイコビリーという音楽は、この男がいたからこそ、ここまで日本に広まったと断言して良い。

 筆者は90年代初期にはすでに彼の存在を知っていたが、柳家は1994年にBATTLE OF NINJAMANZを結成以降、瞬く間に日本中にサイコビリーを根付かせていった立役者である。

 その柳家睦が、サブプロジェクトとして2011年に始動させたバンドが「柳家睦とラットボーンズ(柳家睦&THE RAT BONES)」である。

 この柳家睦とラットボーンズというバンドは、BATTLE OF NINJAMANZで培ったサイコビリーとは全く違うアプローチを見せ、またもや日本アンダーグラウンドシーンに旋風を巻き起こしている。

 その柳家睦とラットボーンズの5thニューシングル『そして熱海秘宝館』が、3月15日に<BIG RUMBLE PRODUCTIONS>から発売された。

 柳家睦とラットボーンズの音楽は、どんなジャンルにもカテゴライズすることのできない、オリジナリティに溢れたエンターテインメントであるのだが、本人曰く「ムード歌謡」「エレキ歌謡」「アイドル歌謡」に、フォークミュージック、カリビアンミュージックのリズムを加えたレベルミュージック、アウトローフォーク歌謡ということのようだ。

 アウトローたちの昭和を彷彿させるサウンドや歌詞、メロディーは、昭和を生きた人間にはたまらないものがあり、昭和を知らない世代でもノスタルジックに浸れ、旧き良き昭和を感じとれるのではないだろうか。

 東京アンダーグラウンドシーンで活躍するサイコビリーズ、パンクス、スキンズが集まり、PINK PARTY POODLESの女性ダンサーも加えた12人以上の編成からなるステージは、経験に裏付けされた確かな演奏力とともに、睦のMCやフルートのキシとのコント的な掛け合い、踊り子の女性のインパクトなど、観客の目を釘付けにするパフォーマンスにより爆笑の渦に巻き込まれ、いつのまにか柳家睦ワールドに惹きこまれていることに気づかされるだろう。

 東京近郊での公演では、踊り子の女性がいることがほとんどなのだが、地方公演では踊り子の女性たちが参加しない場合も多い。しかし「柳家睦一座」と名乗る場合には、確実に踊り子の女性も加わったステージになるようだ。

 一見ふざけたお笑いコミックバンドのように思えるかもしれない。しかし、それだけでアンダー/オーバーグラウンドシーンで名だたるバンドとの共演や、多数のビッグイベントへの出演、自らの主催公演に多くの観客を集め、アメリカ公演を果たすことなど不可能だ。

 アウトローたちの悲喜交々を、アウトローフォーク歌謡と自らカテゴライズするサウンドにのせ「笑い」という、誰もが受け入れやすい感情で訴えている。

 基本的に下ネタやお笑いが多いが、今回のシングル3曲目「お嫁に来ないか」では、ふざけたように聞こえながらも、過疎化に悩む地方の現状を笑いとエロチシズムの中、クールな視点をラテン風リズムに乗せ伝えている。

 1stシングル『柳家睦 素晴らしき男の世界』に収録されている「素晴らしき男の世界」の歌詞などは、昭和の男でなくとも感動することは間違いない名作である。

 また、<BIGRUMBLE PRODUCTIONS>という自らのレコード会社もやっており、多数の企画、制作、販売、出版、招聘なども手がけている。

 <BIG RUMBLE PRODUCTIONS>では海外からバンドを招聘し、自らも海外ツアーを行うほかにも、去年の夏から最近までは、レコードショップでの流通を通さず自らの力でどこまでできるかというチャレンジもしていた。

 そういったDIY精神はハードコアパンクスに通じる部分であり、アンダーグラウンドシーンで柳家睦とラットボーンズが受け入れられている所以のひとつではないだろうか。

 筆者も何度か一緒にライブをさせてもらったことがあるが、どんなジャンルのバンドと共演しても観客を惹きつけてしまう魅力は、多数のバンドが出演するイベントには欠かせない存在となっている。

 また、柳家睦とラットボーンズ自主企画の『湯河原音泉歌謡祭』が、ゆがわら観光会館にて今年の4月29日と30日の2日間開催される。

 BRAHMANやランキンタクシー、怒髪天をはじめ豪華メンツが温泉地で観れるほかにも、ダンス発表会やのど自慢大会などバラエティに富んだ企画が予定されており、こういったオリジナリティ溢れるアイデアも、柳家睦の魅力ではないだろうか。

 キャリアに裏付けされた高い演奏力と、大の大人が真剣にふざける笑いの中に、権力構造に対するアンチテーゼが介在する柳家睦とラットボーンズ。

 昭和の男の生き様を体験すれば、哀しみを力に変えられる勇気を知ることができるだろう。(ISHIYA)