SAY-LAが、東京・渋谷のduo music exchangeで行われる「俺たち、楽曲派。Vol.6」に向けて語ってくれた

写真拡大

SAY-LAが3月15日(水)、東京・渋谷のduo music exchangeで行われるアイドルイベントシリーズ「俺たち、楽曲派。Vol.6」に出演する。そこで、イベントに向けてメンバーに話を聞いた。

【写真を見る】青空の下、開放的なSAY-LA!?

SAY-LAは藤沢泉美、西野葵、白石りか、東江ひかり、天原瑠理、森のんのの6人組で、'16年11月には1stシングル「こじらせ片想い」をリリース。「俺たち、楽曲派。」には、これまでVol.1、Vol.2、Vol.3、Vol.4に続いて5回目の登場となる。

■ SAY-LAが考えるグループの強み

――初めに、SAY-LAとはどんなグループか教えていただけますか?

白石:“3000年に一度の正統派アイドル”っていうことで、やらせていただいています。

森:見て分かるとおり、可愛い6人を集めて、正統派で清純な感じですね。6人とも可愛いです!

――SAY-LAの強みはどんなところだと考えていますか?

藤沢:ダンスがすごくそろってるところとか?

森:曲が万人受けしやすい!

藤沢:いろんな人に「いい!」と思ってもらえる曲が多いかなと思います。

白石:楽曲も正統派で、盛り上がる曲もあるし、可愛らしい曲もあって、衣装もゴージャスでキラキラしてるので。

――すごく目を引く衣装ですよね。

白石:そうですね、高級な感じで。

藤沢:私たちは値段を知らないんですよ。

天原:衣装は毎回、可愛い感じ。水色がテーマカラーで、全部水色を基調とした衣装ですね。

――今回の衣装は、どこがポイントですか?

藤沢:フリル?

西野:足も可愛い。

森:他のアイドルさんから「参考にしたいな」っていう意見がもらえるくらい、大きな対バンイベントでもSAY-LAの衣装ってすごい目立つんですよ。

――音楽的な部分では、どんなところが特徴だと思いますか?

森:ライブでは、私たちとファンの人との一体感が大きな強みだと思います。振りコピして、一緒に踊ってくれるファンの割合が多いかなと。

西野:りーりちゃん(白石)が作詞や振付をしてくれたり、メンバーも楽曲に関わっているのがいいなと思います。

■ “正統派”SAY-LAは、先輩には負けない!?

――「俺たち、楽曲派。」には過去4回出られていますが、皆さんにとってどんなイベントですか?

藤沢:「楽曲派。」っていうタイトルどおり、曲をいっぱいやるイベントです。普段のライブだと曲の間にMCを挟むんですけど、このイベントでは最初から最後まで曲をいっぱいやります。

白石:ノンストップですね!

――今回も多くのグループと共演しますが、特に意識しているグループはありますか?

藤沢:同じ事務所のREADY TO KISSですかね? ライブでの盛り上がり度が負けている部分もあるから、盛り上がるライブにしたいなと思います。

――READY TO KISSは先輩になりますが、ここは負けてないという部分はありますか?

森:正統派?

――素まで可愛いということですね。

森:分かってらっしゃる! そういうことです!!

藤沢:っていう、のんのちゃんの個人的な意見です。

森:みんなを巻き込んじゃうんで、個人的な意見です。怒られる時は、私が責任を持ちます(笑)。

■ 夢は大きく膨らむ!

――SAY-LAとしての、今後の目標や野望はありますか?

西野:「TIF」(TOKYO IDOL FESTIVAL)に出たいです!

白石:全国ツアーとかも。

森:北海道行きたい!

藤沢:沖縄もね! あと、いつかZepp Tokyoでワンマンやれたらいいなって。

東江:みんなでメジャーデビューしたいです!

全員:したいですね!

森:お客さんも増えてきてるし、'16年に出した1stシングル「こじらせ片想い」がデイリーチャート2位に入ったり。

――'17年も期待大ですね。では、「俺たち、楽曲派。」に向けてファンにメッセージをお願いします。

森:盛り上がるライブなので、ぜひ来てください!