ダイムラーは3月7日に開幕したジュネーブショー2017にて、「メルセデスAMG GTコンセプト」を初公開した。ここでは発表された情報をもとに、このコンセプトの概要に迫ってみよう。

 

F1マシンで培ったハイブリッド技術を採用

AMG社は今年、創立50周年を迎える。メルセデスAMG GTコンセプトは、AMGの過去、現在の成功を祝うとともに、これからのAMGモデルを示唆するものとなる。

 

すでに登場済みのクーペやロードスターに続く第3のボディとなるメスセデスAMG GTコンセプトは、4ドアスポーツクーペ。パワートレインは4.0リッターV8ツインターボのガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせるハイブリッドで、システム出力は805ps。4マチックによって4輪を駆動し、0-100km/h加速を3秒未満でこなす加速性能を備えているという。ちなみにこのハイブリッドシステムは、フォーミュラ1マシンに採用されている技術が生かされているとのことだ。

 

デザインは今後のAMGモデルの方向性を示すもの。全体的なフォルムはクーペやロードスターの派生をイメージさせるものの、パナメリカーナと呼ぶフロントグリルやフロントエプロン、ヘッドライトのデザインなどに新しさを感じさせる。ルーフやフロントスポイラー、リアディフューザー、サイドシルパネルには高品質なカーボンファイバーが用いられている。表現力の豊かなホイールには、高性能なAMGセラミックコンパウンドブレーキが組み合わされている。

 

後方視界はサイドミラーが取り除かれる代わりに、フロントフェンダー後方に設置された小型カメラによって確保。そのほか、フロントのデイタイムランニングライトやテールランプに「ナノアクティブファイバー技術」を採用して、立体的なイルミーネーション効果をもたらすなど、新たな試みも見られる。