伊集院光

写真拡大

9日放送のラジオ番組「伊集院光とらじおと」(TBSラジオ)で伊集院光が、TVドラマのタイトル変更について、苦言を呈す場面があった。

番組では冒頭から、4月に放送開始予定のTVドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」(テレビ朝日系)にまつわる騒動について取り上げた。同ドラマのタイトルが、男性の局部切断の意味で使われているため、秋田県が抗議。テレビ朝日側は、タイトルを変更することを決めている。

この騒動について伊集院は「抗議する気持ちはわかる」と前置きした上で「だけども変えちゃダメっていうか」「抗議で引っ込めるなら、元々付けちゃダメですよっていうことですよ!」と指摘する。一方で、ドラマの放送時間が深夜帯であることにも触れ「深夜ドラマのシャレとしては許してほしい」と訴えた。

さらに伊集院は、原案が秋元康氏であることを指摘し「秋元康さんってホントに頭のいい人だから、もうこれでいいと思ってる」「恐らくこれでもう話題になることで、もう充分いいと思ってんじゃないかって」と推察していた。

【関連記事】
伊集院光が学校法人森友学園をめぐる安倍晋三首相の対応に苦言
伊集院光 荒れる成人式の報道を批判「風物詩的な匂いをさせるのは良くない」
伊集院光 昨年末の「紅白」の内容に一刀両断「すげぇスベってた」