YAMAHA、スポーツコミューター「TMAX530」の2017年モデルを発売。電子制御スロットル、軽量フレームの新採用などで走行性能がさらに進化

写真拡大


 ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒530ccエンジンを搭載する、スポーツコミューター「TMAX530」をモデルチェンジし、4月7日から発売する。


 「TMAX530」の2017年モデルは、"Master of Scooter"をコンセプトに開発し、YAMAHAのスクーター初の電子制御スロットルや新設計の軽量アルミフレーム、リンク式リアサスペンションなどを採用することにより、走行性能を高め、さらに軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインを採用し、所有感を向上させている。

 主な特徴は、電子制御スロットル「YCC-T(ヤマハ・チップ・コントロールド・スロットル=アクセル操作を検知した ECUが最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算、モーター駆動でスロットルバルブを作動させて吸入空気量を制御するシステム )」および「TCS(トラクション・コントロール・システム)」、走行モードを選べる「D-MODE(市街地での扱い易さを重視した「Tモード」、パワーやスポーティな走行フィーリングを重視した「Sモード」の2種類)」など電子制御技術の採用。新設計アルミフレームなどによる軽量化、 TMAXのDNAを受け継ぎながら、軽快でスポーティなエクステリアとエレガントなインテリアの二面性を備えた新デザインなどとなっている。

 スタンダード仕様の「SX」と、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンの採用など快適装備を充実させた「DX」を設定。いずれもABS標準装備となる。



カラーは、マットシルバー1(マットシルバー)、ダークグレーメタリック S(ダークグレー)、マットダークパープリッシュブルーメタリック 1(マットブルー)の3色、発売は4月7日からとなる。

■「TMAX530 SX ABS」
○カラー:マットシルバー1(マットシルバー)、ダークグレーメタリック S(ダークグレー)
○メーカー希望小売価格(消費税8%込):1,242,000円
■「TMAX530 DX ABS」
○カラー:マットダークパープリッシュブルーメタリック 1(マットブルー)、ダークグレーメタリック S(ダークグレー)、
○メーカー希望小売価格(消費税8%込):1,350,000円
■問合せ:「カスタマー コミュニケーション センター」0120-090-819

■ヤマハ発動機公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

【ギャラリー】YAMAHA 2017 TMAX530 (17枚