化石を見つめる少女…(コリン・トレヴォロウ公式Twitterのスクリーンショット)

写真拡大

 アドベンチャー大作『ジュラシック・ワールド』の続編から初ビジュアルが公開され、恐竜の化石のまえにたたずむ謎の少女の後ろ姿が披露された。

 前作監督のコリン・トレヴォロウと続編監督のフアン・アントニオ・バヨナがそろって、本作初のオフィシャル写真をTwitterに投稿。そのビジュアルには、恐竜の化石が展示されている博物館の内部らしき場所で、ポニーテール姿の少女がトリケラトプスの化石を見つめているさまが写し出されている。

 ここで気になるのが、その少女の正体。続編のストーリーが依然としてベールに包まれているがゆえに、この少女は一体何者なのか、憶測を呼んでいる。オーウェン役のクリス・プラットとクレア役のブライス・ダラス・ハワードが前作から続投し、『羊たちの沈黙』のテッド・レヴィン、ドラマ「ゲットダウン」のジャスティス・スミスらが新キャストに決定していることは伝えられていたものの、その少女を演じているのが誰なのかすら明らかになっていない。

 しかし、ブライスは「撮影8日目」として、その少女と思われる(またしても!)後ろ姿の写真に「『彼女は小さいけれど、凄じいわ!』この優しくて、賢くて、好奇心旺盛な小さなレディーに触発されて」というコメントを添えて、ツイートしていた。このブライスのツイートに、前作の主演クリス&ブライスを差し置き、初のオフィシャルビジュアルでその姿を披露したことからも、この少女が続編で大きな役割を担うことになりそうだ。本続編は、第1作『ジュラシック・パーク』(1993)から25周年の節目にあたる2018年の6月22日に全米公開予定。(編集部・石神恵美子)