甲府を警戒する浦和ペトロヴィッチ監督「簡単なゲームにはならない」

写真拡大

 2017明治安田生命J1リーグ第3節のヴァンフォーレ甲府戦を10日に控え、浦和レッズのミハイロ・ペトロヴィッチ監督が前日会見を行った。浦和レッズの公式HPがコメントを伝えている。

「明日の甲府戦は、みなさんが思っているほど、我々にとって簡単ではありません。今シーズンが始まってからのガンバ大阪戦、鹿島アントラーズ戦が物語っているように、我々にとって簡単なゲームにはならないでしょう。そして、過去の甲府戦を振り返ってみても、我々が楽に勝ってきたような試合はほとんどありません」と甲府を警戒した。

 明日の一戦に向けて、「FCソウル戦、セレッソ大阪戦のここ2試合、チームは非常にいい戦いを見せてきています。そういった内容も結果も伴うゲームを、明日もしていけたらと思っています。そのために、全員で走り、球際で戦い、勝利をつかみ取るために一丸となって戦いたいと思います」と意気込みを語っている。

 浦和レッズ対ヴァンフォーレ甲府の一戦は10日、埼玉スタジアム2002で19時30分キックオフの予定となっている。