なんだか近頃生え際が寂しくなってきたような。後頭部から地肌が見え始めた。分け目が不自然に目立つ。こんな悩みに心当たりのある方は、まぎれもなくハゲの予備軍です。特に男性に多いとされるハゲには、5αリダクターゼという物質が大きく関わっていることで知られています。ハゲの大きな原因の1つとされる、5αリダクターゼとは何なのか、また、この5αリダクターゼから頭皮・頭髪を守るにはどうすれば良いのかについて紹介したいと思います。何も対策を考えることなく育毛剤ばかりに頼っている男性のあなたは要注意です。

ハゲを導く5αリダクターゼの正体

男性のハゲの大きな原因の1つ5αリダクターゼ。5αリダクターゼとは男性ホルモンの変換に関わる酵素とされています。ひとくちに5αリダクターゼとは言っても、1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼの2種類に分かれれます。皮脂腺に多く存在している1型5αリダクターゼは、脂性肌の方に多く分泌されている傾向にあります。毛乳頭に多く存在している2型5αリダクターゼは、体毛や髭が濃い人に多く分泌されている傾向にあります。では何故この5αリダクターゼが男性のハゲ・薄毛に関係しているのでしょうか。

5αリダクターゼがジヒドロテストステロンを
過剰に生み出す

先ほど紹介したように5αリダクターゼは、男性ホルモンの変換に関わっている酵素です。男性らしい肉体を構築する上で欠かせない男性ホルモン"テストステロン"と、この5αリダクターゼが結びつくことで、"ジヒドロテストステロン"という男性ホルモンが生み出されます。ジヒドロテストステロンは別名悪性男性ホルモンとも言われており、髪の毛の生成及び頭髪の育毛を阻害し、無駄毛を増殖させ、加齢臭を発生させる性質があります。このジヒドロテストステロンは男性なら誰しももっているものですが、分泌が過剰になると、男のハゲ・薄毛として大きく影響してきます。

5αリダクターゼの働きを抑えるには

5αリダクターゼの働きを抑えるには、医薬品やサプリメントが活躍してくれます。まず5αリダクターゼとテストステロンの結びつきを阻害してくれることで知られる医薬品成分フィナステリド。このフィナステリドとは、病院のAGA治療の処方薬に使用されている有名な有効成分です。若干の胃の不快感等の副作用はあるという報告もありますが、一方で効果を感じる方が多いようです。

サプリメントで5αリダクターゼの働きを抑える成分として有名なのが亜鉛とノコギリヤシ。どちらも薬局等のサプリメントコーナーに陳列されていますので、手軽な5αリダクターゼ対策にはもってこいです。男性特有のハゲ・薄毛にお悩みのあなたは、今回紹介したような5αリダクターゼ対策からまずははじめてみてはいかがでしょう。5αリダクターゼを万全にした上で育毛・増毛対策も行えば、より大きな効果が見込めることでしょう。


writer:サプリ編集部