付き合い初めの頃は、あんなにラブラブだったのに、今じゃ生理的に受けつけない! 女子が一度冷めてしまうと、もう修復不可能です。そこで今回は、女子が彼氏に冷めたきっかけをご紹介します。男性のみなさん、くれぐれも地雷をふまないよう、参考にしてください。

女子が彼氏に冷めたきっかけ

1: 将来がみえない

・ 「貯金がまったくできていなかった元カレ。お金遣いも荒いし、結婚を考えられなくて冷めた」(30歳/女性)

▽ 結婚を考えたら、誠実でしっかりした男性が理想的。ちゃらんぽらんな彼氏だと、将来を考えられないのです。

2: 見た目のことをいじる

・ 「彼がワンレンボブにしろって言うから、思い切って髪をきったのに『永野さんみたい!』って爆笑された……殺意がわいた」(28歳/女性)

▽ 「お前が切れって言ったんだろー!」と暴れてしまいそうです。髪型以外にも、「最近、太ったんじゃない?」と何回も言うのはNGです。男性が思う以上に、女性は見た目のことを言われると傷つきますよ。

3: 他人や動物に冷たい

・ 「私には優しいけど、お年寄りに席を譲ろうとしなかったり、動物が虐待されたニュースをみても興味なさそうだったり。冷たい人だと思ったら、一緒にいたくなくなった」(30歳/女性)

▽ いくら自分に優しくても、冷たい性格がみえると怖くなりますね。価値観や倫理観のちがいって、けっこう重要です。

4: 「結婚しよう」って言わなくなった

・ 「付き合いはじめに『来年、結婚しよう!』と言った彼。1年たっても進展はなく、問い詰めたら『そのときはそう思ったけど……』って言われた! 私は本気で受けとったのに、その場のノリでプロポーズする男は信用できない」(27歳/女性)

▽ プロポーズという一大イベントを、ノリでするんじゃありません! 不誠実と思われても仕方ないですよ。

5: デートより趣味を優先する

・ 「休みのたびに、趣味のサークルに出かける彼。仲間との飲み会に、私も呼んでくれるけど、本当は2人きりでデートしたいのにな……」(29歳/女性)

▽ みんなとワイワイしたい彼と、2人でまったりしたい彼女。価値観のちがいを放置すれば、溝は深まるばかりです……。話し合うことは大切ですよ!

6: 束縛をする

・ 「女友だちと出かけるときもいい顔しないし、芸能人をかっこいいといったらブチギレる彼氏。子どもすぎてウンザリ」(26歳/女性)

▽ たまのヤキモチはかわいいですが、子どもすぎる束縛はNG! 器の小ささに冷めてしまいます。

7: 有言不実行

・ 「『旅行しようね』と言ってまったく計画を立てない、『プレゼントに指輪あげるね』と言ってもまったくくれる気配がない。自分の発言をすぐに忘れる彼。期待して裏切られるのに疲れた……」(29歳/女性)

▽ 上げておいて落とすとは、まさにこのこと。実現できないなら言わないでほしいです。自分の言葉には責任をもって!

いい加減なところ、愛情を感じられないところに冷めてしまう女子が多数です! 彼女のことが好きなら、誠実さと愛情表現は大切ですよ。