「GV-CC1」( JVCケンウッドの発表資料より)

写真拡大

 JVCケンウッドは9日、スマートフォンから簡単に設定でき、手軽に自宅の見守りができるハイビジョンIPカメラ「GV-CC1」を3月下旬より発売すると発表した。

 「GV-CC1」は、マグネットスタンドにより、そのまま金属面に貼り付けるだけで設置でき、設定はスマートフォンから簡単に行うことができるなど、導入が容易な点が特長だ。カメラの映像確認や録画操作などはいつでもスマートフォンから行え、撮影も、広角対応・赤外線LEDの搭載により昼夜問わず高画質で可能だ。

 不審な動きを検知した場合には、スマートフォンに即座に通知されるために異常の察知もでき、microSDカード(別売)を入れておけば、動きの検知に応じて自動録画を開始することも可能。加えて、内蔵のマイク・スピーカーにより双方向で会話もでき、子どもやペットの見守りだけでなく、離れて暮らす両親とのコミュニケーションにも活用できる。

 磁気プレートを壁に取り付ければさまざまな場所へも設置ができ、映像の上下反転機能や左右反転機能も搭載しているため、天吊り設置などにも対応する。

 また、「GV-CC1」に加えて、人感センサー「CU-MS1」と開閉センサー「CU-DS1」、各センサーを制御するスマートホームハブ「CU-HB1」を同梱した、ホームモニタリングシステム「GV-F1KIT」も4月下旬に発売。スマートホームハブには、最大で人感センサー8台、開閉センサー8台まで接続することが可能。

 価格は両製品ともオープン。