3月8日は「国際女性デー」。<UN WOMEN>によると、「国際女性デー」は国際社会の関心を喚起し取り組みを促すべく1975年に国連が制定したもので、「これまでの前進を振り返り、変革を呼びかけ、国や社会の歴史上すばらしい役割を果たした一般の女性たちの勇気と決断を称える日」なんだそう。さらに一部の国では、男性が女性にミモザの花を贈る習慣が広まりつつあるんだとか!

国連が今年掲げたキャンペーンテーマは「大胆に変化を」。国選事務総長は「女性の権利が縮小され、制限され、また退歩している。(中略)すべての女性が力を持ち、人生をコントロールできるように」とコメントし、人々に変化を求めた。女性が仕事を休むというストライキ運動も行われているようで、SNSではハッシュタグ「#adaywithoutwomen(女性のいない1日)」もトレンド入り!

A post shared by Amanda Seyfried (@mingey) on

服に書かれた文字は左から:「有給でも無給でも仕事はしない」、「赤を着て結束」、「ソーシャルメディアを使わない」、「女性がオーナーの個人店以外ではお金を使わない」

この世界的な記念日に、政界の著名人やセレブたちが次々にメッセージを発信。その一部をお届けします!

アン・ハサウェイ

#InternationalWomensDay #IWD2017 #PaidParental @UNwomen Link in bio.

A post shared by Anne Hathaway (@annehathaway) on

国連のスピーチで、アメリカの女性たちが産後に直面する問題について話したのは、親善大使を務める女優のアン・ハサウェイ。

まず、「女性は産後12週間にわたって無給休暇を取得することができるものの、男性にはその資格がないこと」に触れ、それに加えて無給で長期間の休暇をとることで経済的に苦しい環境に置かれることや、昇進の機会を逃すのではと休暇を取れない女性が多いという実情を紹介。

さらに、昨年はじめて出産を経験したアンは、「産後1週間は歩くこともままならなかった」や、「12週間が経過しても、出産前と同じような生活はできなかった」と、産後に自分の身にふりかかったことについても言及。その経験をふまえ、男性の育児についてスピーチでこう話した。

「育児や家事は女性がするものだと決めつけられ、そのステレオタイプは長年"常識"になっています。しかし、これは女性への差別だけではなく、男性の育児や家事の参加、また家族や社会との繋がりを制限することになります」

ミシェル・オバマ

とある学校を訪問し、学生たちと「教育の重要性」を話し合ったミシェル夫人。

エマ・ワトソン

ジェンダーの平等を目指して活動を続けるエマは、自身が推進する読書クラブ「Our Shared Shelf」を敢行。フェミニズムに関する書籍を地下鉄や公園などに置いて、より多くの人に手にとってもらう機会をつくっているんだとか!

テーマカラーの赤に身を包み、ボランティアで賄われている書店のベンチに本を置いているところをファンに気づかれたエマ。「しーっ」と口元に指を当てながらも、笑顔でハグ。

アデル

「女性は男性の2倍成功しなければ、男性の半分も称賛されない。でもラッキーなことに、それは難しいことではない」-カナダ・オタワ市長を務めた女性シャーロット・ウィットンの格言

カナダのトルドー首相

「ハッピー国際女性デー。(妻)ソフィーと私は、自信を持ってフェミニストと言えます。娘と息子には『平等な世界の方が、パワフルでより良い世界であること』を教えています。(中略)今日だけでなく毎日、ポジティブで公平で公正な世界を共に作りましょう」

モデルたちも!

ケンダル・ジェンナー、ベラ・ハディッド、ヘイリー・ボールドウィンやジョアン・スモールズを筆頭に62人のモデルなどが<W Magazine>の動画で女性の権利を訴えた。

「私は女性です。女性に敬意を払ってください。自分自身に敬意を払ってください。女性の権利は人権です」

キム・カーダシアン

「世界中でチェンジのために戦った女性、また戦い続けている女性たちに感謝します」

女優のシャロン・ストーン

「女性を祝いましょう」。画像には「女性の権利、男女平等、正義を求めストライキをします」と書かれている。

ナヤ・リヴェラ

Twitterのアイコンを国際女性デーのテーマカラーである赤に変えたナヤは、「今日は息子を女性の集会に連れて行くの。でも『#女性のいない1日』ということは、パパの出番よ」とコメント。

ブレイク・ライブリー

「みんな『#価値のある女性』だけど、ここにいる女性たちはその言葉にさらなる価値を加えてくれるの」と、カナダで活躍する女性10名と一緒に写真撮影。

サラ・ジェシカ・パーカー

「国際女性デーに私は世界中の女性と協力、そして共に抵抗します。皆さんが家族や社会に対し献身的になり、愛を捧げていることを尊敬します。私はまず、強くヒーローのような母への敬意から始めます」

ドナルド・トランプ大統領

「私は女性や、社会に不可欠な女性の役割に多大な敬意を払っています」

「国際女性デーです。重要な女性の役割を、私と共に称賛しましょう」

セレブはトランプ大統領のこれまでの疑惑を引き合いに、皮肉たっぷりにコメント。これに対しコメディアンで女優のジェーン・リンチは「ありがとう、女性器をつかむ人」とツイート

アマンダ・セイフライド

「女性で一周する。ひとりの中に創造し、育てて変える力がある」-作家ダイアン・マリーチャイルドの格言。

女性総合格闘家のロンダ・ラウジー

#DayWithoutaWoman #resist

A post shared by rondarousey (@rondarousey) on

「#daywithoutawoman(女性のいない1日) #resist(抵抗)」

カーリー・クロス

ladies celebrating ladies tn @twohandsnyc 💖 #iwd2017

A post shared by Karlie Kloss (@karliekloss) on

「レディーたちがレディーたちを祝福」

エイミー・シューマー

#internationalwomensday #adaywithoutawoman

A post shared by @amyschumer on

「子どもたちが『不公平だ!』というのと同じように」と書かれた写真を投稿。

ちなみに、「女性にだけ捧げられた特別な1日があって不公平だ」と言う人もいるようだけれど、国際男性デーもちゃんとあるみたい! これに関して、J・K・ローリングがツイート。

「ハッピー国際女性デー。もしくは、『#なぜ国際男性デーはないのか』と言われる日。あるわよ(11月19日)」