フリーアナウンサーの高橋真麻が7日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!! 春の2時間SP』に出演。あまりにも仲の良い両親を目の当たりにするなか、SMAPの名曲「らいおんハート」の歌詞を知り、子供心に「なんだこのクソみたいな歌は」との印象を持っていたことを明かした。そんな曲も今では「一番好きな曲」として挙げているようだ。

 この日の放送では、「2世芸能人」が集まり、家族に関したエピソードトークを展開。高橋は「親のようにはなりたくないと思った時」とのテーマで、父と母と自身の家庭で感じていた思いを語った。

 父は俳優の高橋英樹、妻は元女優の小林亜紀子さんとして知られる高橋。2人がとても仲が良いと話す高橋は、幼少期から、道路が狭くなると2人が手を繋いで先に歩き、自身が取り残されてしまうことがあったそう。「パパにとってはママが一番、ママにとってはパパが一番という中で育ってきた」との家庭事情を明かした。

 そのため、子供である自身の味方をする人がいないことに複雑さを感じていたようで、母親に叱られた際、普通は父親が諫めるものの、「ママの通りだろ」って乗っかてくる父・高橋英樹の言動を紹介。高校の頃に高橋が反抗的になると、「なんだその口のきき方は」と喧嘩になっていたという。

 そうした経験をするなかで、高橋は当時人気を博したSMAPの楽曲「らいおんハート」に独特の印象をもった様子。高橋は「『子供には2番目に好きだと言おう』『ママが一番大事だ』みたいな歌詞だったから、子供心に『なんだこのクソみたいな歌は』。わざわざ子供に2番目って言う必要ないじゃん、ひどい」との感想を抱いていたことを明かすと、スタジオは驚きと笑いに包まれた。

 ところが、大人になると心境が一変。「一番好きな曲」を聞かれた際に、高橋は「らいおんハート」を挙げ、「ああいう男性が一番タイプなんです」と答えるようになったという。ただ、新たな悩みも生まれているようで、「ってことは、将来自分の子供は、私と同じ悲しい想いをするのかなって」と複雑な胸中を明かしていた。