開幕戦を上位で終え、勢いそのままに高知入りしている柏原明日架(撮影:米山聡明)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス 事前情報◇9日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード ・パー72)>
高知県にある土佐カントリークラブで行われる「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス」。昨年プレーオフで敗れた柏原明日架がプロアマ戦で最終調整を行った。
【関連】今シーズン期待大!若手のホープ柏原明日架のフォトギャラリーはこちら
昨年はプレーオフに進出するも、入れれば勝利となる1.5mを外し惜敗。「チャンスはあったのですが…」と悔しさをにじませてクラブハウスを後にした。
「今年こそは」。リベンジに向けて、ここまで良い流れで来ている。開幕戦で5位タイに入り、「先週に引き続き良い感じ」と調子を維持し高知入りできた。
ショットの良さは今年から新設されたドライビングディスタンス(飛距離)で3番目にランクインしていることからも伺える。「とても嬉しいですが、新しいクラブのおかげでしょうね(笑)」と話すにとどまったが、性能・相性の良いクラブはもちろん、オフのトレーニング、打ち込みの成果も現れてきている。自信に満ちた表情が好調の何よりの証拠だ。
今週の副賞にはいつもサポートを受けているメルセデス・ベンツの『C180 STATIONWAGON Sports』がラインナップ。「メルセデスさんにはいつもお世話になっています。だから今週こそ表彰式で上野社長からジャンボキー(表彰式で授与されるカギを模したもの)を受け取れるように頑張ります!」。昨年大会のリベンジ、そしてお世話になっている人への恩返し…いつも以上に気合いを入れた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

周到な準備…柏原明日架は「本当に早く勝ちたい」
「去年位の成績で終わりたくない」原江里菜が覚悟のスイング改造
【どこよりも早いスイング解説】堀琴音はインパクトがより分厚く その理由とは?
片山晃の 50歳でなぜ230ヤード飛ばない?【動画コラム1回目】
最新ドレス姿も!オフショット見るなら女子プロ写真館