林全行政院長

写真拡大 (全2枚)

(台北 9日 中央社)林全行政院長(首相)は8日、「東部軌道建設座談会」に出席し、鉄道の改良や新線建設による東部交通の早急な改善を指示した。

林院長は、台北と宜蘭を結ぶ高速道路が慢性的な渋滞に悩まされていることや、宜蘭と花蓮を結ぶバイパス道路の開通が2019年に迫り、宜蘭県内の交通渋滞が悪化する可能性があることに触れ、解決をしたいと強調。

具体例として、台北と宜蘭を直通する鉄道トンネル建設や東部を走る鉄道全体の輸送力増強計画を挙げ、早期実現を図りたいとしている。

(顧セン/編集:齊藤啓介)