木下優樹菜“お忍び”で出演映画を鑑賞?「純粋な感想が知りたい」

写真拡大

タレントの木下優樹菜が、4月28日(金)より公開となる『映画かみさまみならい ヒミツのここたま 軌跡をおこせ♪テップルとドキドキここたま界』のアフレコ会見に出席。久しぶりに声優を務めた感想、作品の見どころなどを語った。

『かみさまみならい ヒミツのここたま』は、2015年9月からBANDAIより発売されたハウスドール玩具を原案としたアニメ(テレビ東京系列、毎週木曜17:55〜)。「ここたま」とは、人間が大切にしたモノへの想いが魂となって生まれた“モノのかみさま”。テレビアニメのストーリーは、主人公・こころがいつも大切にしている色鉛筆から生まれた、ここたま“ラキたま”と出会うところからスタート。ラキたまたちは、一人前のかみさまを目指し、人間界でこっそり暮らしながら人の役に立つために修業をしている。そして、一人前になって初めて行ける憧れの世界、それが“ここたま界”だ。

映画では、この“ここたま界”を舞台に、ラキたまたちのほか、ここたま界のここたまたちも登場し、大冒険を繰り広げる。これまでベールに包まれていたここたま界の謎が、ついに明らかになる。

木下が演じるのは、クラッカーのかみさま“パピピナ”。見習いここたまたちの憧れである「いちにんまえここたま」であり、ここたま界で「ハッピースターおくろう課」のメンバーとして、毎日人間に幸せを届けている。性格は明るくサバサバしていてアネゴ肌。普段は優しくて面倒見がいいが、怒るとちょっぴり恐い(?)というキャラクターだ。

ママになってから初めての声優挑戦ということで、木下は「ちょっと前にアフレコ収録をしていたのですが、一気に感覚を取り戻してなんとかできました」と語り、「長女が、本当に『ここたま』が大好きで、毎週のように一緒にアニメシリーズを見ているので、まさか仕事として自分に似た一人前のここたまに選ばれ、名前まで付けさせてもらえて、本当に貴重な体験をさせていただきました! より一層お仕事にやる気が出ました」と改めて出演を喜んだ。

また、家族で映画を見に行く予定はあるか聞かれると「行きたい! ですが、私が劇場内にいるのがバレると周りのお客さんたちに気を使わせちゃうので、お忍びで行きたいです(笑)。皆さんが劇場でハピピナを見たときの純粋な感想も聞きたいなと思っています」と明かし、最後に「アニメシリーズでは、今まで“ここたま界”は実際には出てこなかった場所なんです。映画ではそのここたま界が舞台になるので楽しみです! 今までここたまを見てない子でもこの映画を機に絶対はまると思います! なのでぜひ、劇場で見てくれると嬉しいです」と、ファンに向けてメッセージを送っていた。