サンワサプライのモバイルバッテリー「700-BTS011」

写真拡大

パソコン・モバイル周辺機器のサンワサプライ(岡山市北区)は2017年3月7日、モバイルバッテリー「700-BTS011」を発売した。10Ahの大容量で、緊急時は前面のソーラーパネルから蓄電することができる。左右それぞれに出力用USBポートを備え、スマートフォンやタブレットを2台同時に接続可能。最大出力は合計で2.1A。

タフネスも「700-BTS011」の魅力の一つ。防水規格はIPX4相当。これは雨の中でも使えるレベルだ。本体外側はプロテクターで覆われており衝撃に強い。裏面にLEDライト(0.5W)が付いており、最大30〜32時間使用可能。非常灯として活用できるのでアウトドアにはピッタリだ。

モバイルバッテリー本体と接続した電子機器を危険から守るため、過充電保護、過放電保護、ショート保護、過電流保護の4つの保護機能を備える。バッテリー残量は大きめのLEDインジケーターで確認できる。

サイズは、約W88.5×D22.5×H170(mm)、重量は約270g。バッテリー本体に蓄電したり、スマホやタブレットに充電したりするときに欠かせないmicroUSBケーブルが付属する。5V/2A出力USB充電器を接続した場合の充電時間は約7時間で、ソーラーパネルを使った場合は約6日間。

カラーはブルーとグリーンの2色展開。価格は2759円(税別)。同社直販サイト「サンワダイレクト」で取り扱っている。