写真提供:マイナビニュース

写真拡大

イー・ガーディアンは3月9日、同社が提供する、人工知能型投稿監視システム「E-Trident」に、企業メールの監視サービスを追加したと発表した。

E-Tridentは、イー・ガーディアン開発の人工知能型投稿監視システム。機能のひとつとして監視対象データに対し、指定した文言やパターンの検索を自動的にフィルタリングすることができる。

これまで同社では、反社チェックなどの監視サービスを提供するリアル・レピュテーション・リサーチや、サイバーセキュリティ関連サービスを提供するHASHコンサルティングなどのグループ会社で培ったデータベースも活用し、炎上・情報漏えい・内部不正・産業スパイなど、重大なリスクで頻発するワードの選定から実際の投稿監視までを行ってきた。

今回、新たにMicrosoft Outlook、Gmailなどの企業メールをE-Tridentの監視対象として追加し、悪意のある社員による情報漏えいやメンタルヘルスに関する社員の悩みをいち早く発見したいという企業のニーズに応える。

これまでSNS、Webサイト、ブログなどが対象であった検知・抽出機能が、クローズドである社員のメールにまで対応の幅を広げることで、たとえば上司や同僚などに送っている「転職サービス名」「体調不良を訴える言葉」などを検知し、企業がメンタルヘルスに関するリスクをより早く把握できるようになるという。

また、SNSなどの投稿監視やスクリーニングで培ったビッグデータ解析ノウハウを活かし、情報漏えいリスク関連キーワードをメールファイルから検知することで、社員による内部不正の防止や企業の重要な情報の保全に寄与できるとしている。

提供価格などは、要問い合わせ。

(山本明日美)