開幕戦で躍動した川岸史果が今季2試合目に挑む(撮影:佐々木啓)

写真拡大

<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス 事前情報◇9日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード ・パー72)>
先週の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で最後まで優勝争いに加わりながらも2位で終わった川岸史果。悔しさを胸に国内女子ツアー第2戦「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディス」に挑む。
【関連】最新ドレス姿も!オフショット見るなら女子プロ写真館
惜しくも親子Vならず、悔しさと疲れが入り混じった試合後、父・良兼からLINEが来た。たった一言だった。「悔しいか」。
それに対し史果は「そりゃ悔しいよ」と返答。すると「それならいい。良く頑張ったな」という内容の返信だった。「珍しく褒めてもらえましたね。ほめ言葉を言われたのなんて数えるくらいしかないですから」。父からのねぎらいの言葉に「とても嬉しかった」とちょっとだけ笑顔になれたという。
リベンジを狙う今週は史果曰く「アップダウンが激しく、ロングヒッター殺し」のコース。それでも進化を続ける“怪物”の娘は臆することはない。「戦略性の高いコースでマネジメントが大切になりそうですね。そういうところを楽しんで頑張りたい」。今週こそ史上3人目の親子優勝で父からねぎらってもらう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

川岸史果 初優勝ならず…女王経験者との差を痛感「次は優勝したい」
初Vに王手をかけた川岸史果が“怪物”を反面教師にしたこと
「去年位の成績で終わりたくない」原江里菜が覚悟のスイング改造
片山晃の 50歳でなぜ230ヤード飛ばない?【動画コラム1回目】
開幕戦の写真を追加!女子プロ写真館