写真提供:マイナビニュース

写真拡大

博報堂の自主開発型クリエイティブ・ラボである「スダラボ」、博報堂アイ・スタジオのビジネス開発組織である「広告新商品開発室」、日本マイクロソフトの3者は3月9日、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出し分けるアウトドア・メディア及びターゲティング広告配信システムである「Face Targeting AD (フェイスターゲティング・アド)」を連携して開発したと発表した。

新製品は、駅や街中に設置した鏡型のアウトドア・メディア(デジタル・サイネージ)が、鏡の前に立った人の年齢や性別の他、メガネをかけているかどうかやヒゲの有無など顔の特長や表情を読み取り、クラウド上のマイクロソフトのAIがその人のその時の気分や健康状態を分析し、その状態に最適な商品やサービスの広告を提示するという。

例えば、疲れている時に栄養ドリンクを画面の中に提示したり、悲しそうにしている表情なら思い切り泣ける感動的な映画の動画広告を表示したりといった、その人に合う商品やサービスの広告を2WAY(インタラクティブ)に出しわけるという。

また、動画・静止画広告の表示に加えて、鏡の中に映った顔をバーチャルに変化させることで、メガネをかける、泣き出す、シワが増えるといった、鏡の特性を生かした演出が可能とのこと。

今回のプロトタイプ開発における各者の役割は、博報堂のスダラボは、同製品のコンセプト及び演出を含むクリエイティブ全般を担当。博報堂アイ・スタジオの広告新商品開発室は、顔認証の技術開発及び特長別の広告配信システムの開発、鏡型アウトドア・メディアの設計を担当する。

そして、マイクロソフトは、Microsoft Azure上のAIサービスである「Microsoft Cognitive Services」の実装などの技術開発サポートを担当する。

マイクロソフトは、最新テクノロジーの利用によるユーザー企業のビジネス変革である「デジタルトランスフォーメーション」を推進しているといい、今回のプロトタイプ開発では、博報堂の新たな広告配信システムの構築とシステム利用者のカスタマー・エンゲージメントの向上を支援している。

(山本善之介)