看板メニューの「プライムステーキ」。28日間ドライエイジングしたプライムビーフを、澄ましバターをひいた皿ごと900℃のオーブンで焼き上げている(写真は3人前)

写真拡大

3月14日(火)から4月13日(木)まで、ウルフギャング・ステーキハウス福岡店(福岡市博多区)では、オープン1周年を記念したフェアを開催。この期間だけの超お得なランチメニューやセット、ディナーコースが登場する。

【写真を見る】期間限定の「サンキューランチ」。ウルフギャングの王道メニューを堪能できるセット

同店は、昨春にグランド ハイアット 福岡にオープンしたニューヨーク発祥のステーキハウス。最高級品質“プライムグレード”のUSビーフを使用し、本場の味とボリュームが楽しめる店として人気を博している。

1周年記念としてランチタイムに登場する「サンキューランチ」(3900円・税サ別)は、「骨付き熟成サーロインステーキ」、「ウルフギャングサラダ」、「マッシュポテト」、「クリームスピナッチ」のセット。ステーキの表面はカリッと、中は熟成肉ならではの旨味と香りは、一度食べると忘れられないおいしさだ。

また、「クラシック ダブルバーガー」(2600円・税抜き)は、プライムグレードのビーフを贅沢に挽いてつくる280gのパティを2枚も使用。粗挽きの肉々しい食感と、肉の旨味をストレートに楽しめる。自家製のフライドオニオンとフレンチフライも添えられたボリューム満点なひと皿だ。さらに、期間中はビールも390円!

ディナータイムには、「アニバーサリーディナー」(1人前1万円/2名〜・税サ別)が登場。28日間ドライエイジングしたプライムビーフを、澄ましバターをひいた皿ごと900℃のオーブンで焼き上げた「プライムステーキ」(通常1万6000円/2人用・税サ別)に、「シーフードプラッター」や「スープ」など、ウルフギャングの王道メニューが並ぶ贅沢なコースを、いつもより低価格で楽しむことができる。

極上のUSビーフステーキを、超お得なスペシャル価格で味わえるのは、同期間中だけ!この貴重な機会に、名店の味を堪能してみてはいかが?【福岡ウォーカー編集部/杉山はづき】