J2愛媛、クラブ初の中国人選手を広州恒大から獲得…鞠楓が期限付き加入

写真拡大

 愛媛FCは9日、中国スーパーリーグの広州恒大に所属する同国人MF鞠楓(きく・ふう)が期限付き移籍で加入すると発表した。移籍期間は2018年1月1日までで、背番号は「24」に決まった。

 鞠楓は1995年生まれ、現在22歳のMF。愛媛にとって、クラブ初の中国人選手となる。同選手は加入にあたり、以下のようにコメントしている。

「愛媛FCへ加入することになりました鞠楓です。クラブとして初の中国人サッカー選手となり、とても光栄で誇りに思います。監督をはじめ、スタッフ、選手、愛媛FCにかかわる方々はとても温かく、親切だと心から感じています。日本でサッカーを練習することは、自分にとって大きなチャレンジです。どんな困難があっても、直面し、乗り越える自信があります。これから毎日一生懸命に練習し、チームの一員として試合で貢献できるように頑張っていきます」

 愛媛は今季、明治安田生命J2リーグ開幕2試合を終えて1勝1分けと上々のスタート。次節は12日、カマタマーレ讃岐とのアウェーゲームに臨む。

https://twitter.com/ehime_fc/status/839755138206072833