先日、ノートPCを新調しました。店頭には大容量メモリや最新のコアプロセッサー搭載を謳う様々なモデルが並べられていたのですが、とにかく持ち運びに便利な軽さと電池持ちの良さを重視し、寝ている間に充電して日中使い続けられる1台に決めました。

パソコンやスマホなどを購入する際に、この「電池持ちの良さ」がひとつの目安という人も多いはず。そして、クルマも「プリウスPHV」の登場で「電池持ちの良さ」がクルマの購入の決め手となる時がいよいよ来たかもしれません。

1

新型「プリウスPHV」は、15年12月に発売して瞬く間に人気を集めたハイブリッドカー「プリウス」のプラグインハイブリッド版であり、スマホのように内蔵バッテリーへ充電した電力でモーターを動かして走ることができます。

先代モデルですでに26.4kmをモーターのみで走れましたが、開発に際して「プリウスのお客様は、もっと長い距離をEVで走り切りたい」という点を見落としていたことに気づき、新型では目標を2倍以上も数値を伸ばした60kmに設定。

バッテリーのサイズを2倍にしただけでなく、そのバッテリーの出力低下を抑えるバッテリー昇温システムや発電と駆動で役割分担していた2つのモーターを両方とも駆動に活かせるデュアルモータードライブを搭載したことで、新型では最大68.2kmをモーターのみで走れるようになりました。

また、車載充電器の出力を2kWから3.3kWへ高めたことで充電時間を短縮し、200V/16Aで約2時間20分、100V/6Aなら約14時間で充電を完了できます。これによって日本の約8割のドライバーの1日での平均走行を賄うとのこと。

新型「プリウスPHV」は、ベースである「プリウス」よりも内外装の仕立てを大きく変えた点も目を惹きます。

先代はディテールに違いはあるものの、プロポーションやフロントマスクはまったく同じ。開発を担当した豊島浩二氏は「見た目は同じなのに、なぜ値段が違うのか?」としばしばお客様から指摘を受けたことから、新型では2台を明確に差別化することを決定。

当初はボンネットやフロントフェンダーを「プリウス」と共用する予定でしたが、「プリウスPHV」ではバッテリー衝突保護のために伸ばした80mm分をデザインにも活かし、改めてゼロからデザインを検討。フロントもリヤとのバランスから25mm伸ばして、エッジの効いたフロントマスクと伸びやかなプロポーションに。

また、インテリアでは中央に陣取る11.6インチディスプレイを初採用。エアコンもナビも、あらゆる機能がここに集約されています。ベースである「プリウス」よりも序列が上であることを強調した仕立てとなっているのが分かります。

なお、「プリウスPHV」では蓄えた電力をAC100V・1500Wのアクセサリーコンセントを介して家電製品などを動かせ、ガソリン満タンならフル稼働でも約2日間の電力供給が可能。この「電池持ちの良さ」は見過ごせません。

(今 総一郎)

【関連リンク】

第550弾プリウスPHVのすべて(より深く知りたい方はこちらがオススメ)
http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=9438

新型「プリウスPHV」の登場でクルマ選びも変わる!?(http://clicccar.com/2017/03/09/451875/)