サッカーファンの綾小路きみまろが日本代表を“分かりやすく”“楽しく”“熱く”解説/(C)テレビ朝日

写真拡大

3月13日(月)より、綾小路きみまろによる「サッカーW杯アジア最終予選応援番組『綾小路きみまろのサッカー談話』」(昼2:04-2:06、テレビ朝日)がスタートする。

【写真を見る】自ら選んだという、年齢と同じ“66番”のユニホームを持ち「ゾロ目でいいでしょ?」とご満悦のきみまろ/(C)テレビ朝日

昨年9月に開幕した「2018 FIFA ワールドカップ ロシア アジア地区最終予選」。グループBの日本は現在5試合を終えて勝ち点10を獲得、得失点差でサウジアラビアに次ぐ2位につけている。ワールドカップ出場権獲得となる2位以内ではあるものの、勝ち点9で3位オーストラリア、4位UAEが日本のすぐ後ろを追う歴史的大混戦だ。

日本代表は3月23日(木)のアウェー・UAE戦を皮切りに、28日(火)のホーム・タイ戦など、勝負の後半戦5試合を迎える。特にUAEには昨年9月の開幕戦で敗北を喫しており、グループ2位以内を確保するためにも非常に重要な試合だ。

そんな日本代表を応援するため、実はサッカーが大好きというきみまろがサッカー談話を披露する特別番組をテレビ朝日が制作し、UAE・タイとの2試合に向け放送。平日の午後帯という時間に合わせて女性をターゲットにし、代表選手のプレーはもちろん、出身地や幼少期・苦労話などの面白エピソードを“きみまろ節”で紹介する。

きみまろは「サッカーは好きですね。筋肉と筋肉がぶつかり合う格闘技、闘志が感じられてプレーにウソがないですから」とサッカーの魅力を語る。

続けて、「私の公演にはたくさんの奥様方が集まってくれるのですが、それだけ笑いに飢えている、行き場を失っているのかなと思います。この番組は、そんな奥様方の手の空いている時間にオンエアされますから、ぜひ見ていただきたいですね」と、番組をアピール。

最後に、「私はすごく運のいい男なんです。台風が来ても直撃する前に帰ってくるとか、大雨でもショーが始まるころにはピタリとやんでしまうとか。そんな私が応援番組をやるのですから、今回の日本代表は大丈夫、絶対に勝ちます。見ていてください」と頼もしい発言で、代表選手たちへエールを送った。