そんな目で見ないで!Apple Watchユーザーが抱える日々の暮らしの中でのモヤッと

写真拡大 (全4枚)

 初代Apple Watchがリリースされてから約2年が経とうとしているが、筆者の感覚では、まだそこまで着用している方は多くない。もちろん、業種を限ってみればそこそこいるが、一般的にはまだその地位を確立できないでいるように思う。

 2016年にApple Watch Series 2が発売された。筆者は、初代モデルから使用。やりたかったことが複数できるようになってとても良いプロダクトに思うが、特に秀でているのは交通系ICカードを含む電子決済だ。

 iPhone 7がそうであるように、Apple Watch Series 2にはFeliCaが内蔵されており、ドコモの電子決済システムiDや、QUICPayと互換性があるので、コンビニや量販店などで、タッチでの支払いが可能なほか、Suicaを読み込むこともできるので、改札を通ることもできる。

 操作方法も至ってシンプル。本体のサイドにあるボタンを2度押せば、電子決済が呼び出されるので、利用するクレジットカード等を選択して、端末にかざすのみだ。基本的に、ユーザーはApple Watchを手首に着用しているので、iPhone 7のように、ポケットやカバンから取り出さずとも、簡単に決済が可能だ。

 なんだかApple Watchの売り込みのようになってしまったが、言いたいことはそういうことではない。筆者は”悲しい”のだ。Apple Watchが、なかなか市民権を獲得できないことに。

 コンビニで決済をすると、店員の方はもちろん、順番待ちの他の方にも、物珍しそうに見られる。時に、”やや”知識のある方が「それ、iWatchですか?」と聞いてくるが、筆者は「はい、そうです」と答えるものの、内心「Apple Watch…」と思っている。おそらく、こうしたやり取りを、何度か繰り返している方は、筆者以外にもいるはず。ユーザーとしては、何とも”モヤッ”とするのだ。

 もちろん、こうしたモヤッと感を自ら創り出してしまっている側面もある。筆者は右利きなので、改札を通過する際、どうしても左手を、右側にある改札にタッチしなければならない。左手を無理矢理、右側の改札にタッチしている様子は、きっと後ろの方から見れば、不自然だ。さらに、この季節は特に、厚着をしているので、Apple Watchが決済の際に見えない。そのため、コンビニなどでApple Watchを使って決済をする際、謎の男性(筆者)が手首を端末にこすりつけているように思われるかもしれない。

 このように、もろもろ好奇の目で見られるシーンはあるものの、筆者としてはこの半年間、Apple Watch Series 2を着用しなかった日はない。それほどに、お気に入りのデバイスとなっており、現金を出す機会は格段に減った。休日は、もはや財布を持ち歩いていない日もあるほどだ。もちろんiPhone 7でも同じように電子決済は可能だが、先述の通りポケットやカバンから取り出すというワンクッションが必要。個人的には、俄然Apple Watch推しだ。筆者は、Apple Watchを愛する者として、非ユーザーの方にこうした状況を理解していただき、より多くのユーザーが恥ずかしがらずに利用できるようになるよう祈って、本稿を締めくくりたい。

【関連記事】
・【Apple Watch Series 2レビュー Vol.1】GPSの搭載でたしかに進化! アクティブ志向なユーザー待望のウェアラブルに(https://www.rbbtoday.com/article/2016/09/27/145551.html)
・【Apple Watch Series 2レビュー Vol.2】防水ロック機能で水没しても全く問題なし!(https://www.rbbtoday.com/article/2016/09/28/145611.html)