写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは3月9日、プラズマクラスター除湿機を発表した。大容量タイプ「CV-G120」とコンパクトタイプ「CV-G71」の2機種を用意。価格はいずれもオープンとなっている。発売日と推定市場価格(税別)は、CV-G120が3月15日で58,000円前後、CV-G71が4月15日で38,000円前後。

部屋干し衣類の乾燥機能と、高濃度プラズマクラスターによる消臭機能を搭載した除湿機。部屋干し衣類の生乾き臭や衣類についた汗臭を「スポット消臭」できるほか、衣類や部屋に染み付いたタバコの付着臭も分解・除去するという。また、付着カビ菌の増殖を抑制する効果も期待できる。

CV-G120(大容量タイプ)のサイズはW360×D260×H565mm、重さは約13.3kg。1日12Lの除湿能力を持つほか、「180°広角自動スイングルーバー」により広い部屋で2段干しした衣類もしっかり乾燥させる。

CV-G71(コンパクトタイプ)の本体サイズは、W304×D203×H480mm、重さは約9.0kg。設置面積が約A4サイズとコンパクトながら、1日7.1Lの除湿能力を備える。

(伊森ちづる)