ペク・ジニ、ドラマ「ミッシングナイン」が本日(9日)最終回…視聴者に感謝の挨拶

写真拡大

女優のペク・ジニが、ドラマ「ミッシングナイン」の最終回を迎える感想を述べた。

MBC水木ドラマ「ミッシングナイン」(脚本:ソン・ファンウォン、演出:チェ・ビョンギル) で、無人島での生存者であり目撃者として始まり、事件の真実が明かされるまで孤軍奮闘するスペクタクルなラ・ボンヒ役を演じるペク・ジニが、最終回の挨拶を述べた。

公開された写真は、ペク・ジニが最後の台本を手に取り、特有の愛らしい微笑みとピースサインでカメラを見つめている。最終回を控えた「ミッシングナイン」への名残惜しさを収めながら、「『ミッシングナイン』が行ってしまい、春が来ましたね。最後までご視聴して頂ける視聴者の方々に感謝申し上げます。幸せに過ごして下さい」という文で、ドラマへの愛おしさを感じさせてくれた。

一寸先も見えない展開と、俳優たちの吸引力のある演技力で熱いマニア層を形成した「ミッシングナイン」は、本日(9日) に韓国で最終回が放送される。