「内省的なボス」側、編集の間違いを認めイ・ギュハンへ謝罪…彼の登場シーンを大幅カット

写真拡大

俳優イ・ギュハンが「内省的なボス」に不満を吐露したことと関連し、関係者が立場を明かした。

9日、tvN月火ドラマ「内省的なボス」(脚本:チュ・ファミ、演出:ソン・ヒョヌク) に出演しているイ・ギュハンは、自身のSNSに「1話にワンシーン出るか出ないかなのに、間のセリフを全部編集してしまうのはどういうことだ? 僕が観ても何を言っているのか全然分からない」という書き込みを掲載。

イ・ギュハンは「内省的なボス」でウ・ギジャ役を演じている。ウ・ギジャはヒロインのチェ・ロウン(パク・ヘス) と幼馴染で、気楽に話せる飲み友達でもある。

韓国で7日に放送された「内省的なボス」第14話でウ・ギジャは、チェ・ロウンを家まで送って帰ろうとしたウン・ファンギ(ヨン・ウジン) の前に立ち「あなたはチェ・ロウンの隣で笑っている資格がない。あなたが知らないことがある」と意味深なセリフを放った。幸せな未来が予告されていたウン・ファンギとチェ・ロウンだったため、ウ・ギジャの登場はドラマに緊張感を与えた。

これと関連して「内省的なボス」制作陣は、この日TVレポートに「まず、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ございません。ドラマを展開する過程で、制作陣とイ・ギュハンさんの間でコミュニケーションが円滑にいっていなかったようです。制作陣はコミュニケーション不足による間違いを認め、イ・ギュハンさんに連絡を取って謝罪し、誤解を解きました。来週の放送を無事に終え、優秀の美を飾られるように努力します」と公式立場を明かした。

「内省的なボス」は韓国で14日に放送終了する。