日本では2018年より販売予定のアルピーヌA110の詳細が発表されました。

1

アルピーヌとはフランス・ルノーの持つスポーツ&モータースポーツ・ブランド。その市販車をイメージさせるコンセプトカーとして、アルピーヌヴィジョンが世界中で公開されてきました。

3月7日に開幕したジュネーブモーターショーにて、いよいよ市販モデルの姿カタチやスペックが公開されたのです。

現代のスポーツカーは大きくなる傾向にありますが、アルピーヌA110の伝統に基づき軽量コンパクトとしているのが特徴。1960〜70年代に活躍したアルピーヌのマシンを彷彿とさせるコンセプトです。

ニューA110 ディメンション
全長:4178mm
全幅:1798mm
全高:1252mm
ホイールベース:2419mm
タイヤサイズ:前205/40R18 後235/40R18
車両重量:1080kg(オプションを除く)
前後重量配分:前44:後56

アルミ製ボディなどを採用することで軽く作るだけでなく、重心の位置にもこだわっています。マスを中央に集めるため、燃料タンクはフロントアクスルの後ろ、エンジンはリアアクスルの前に搭載しています。つまりミッドシップというわけです。

そのエンジンは、新開発の1.8リッター4気筒。ルノー日産アライアンスが生み出したエンジンを、ルノーのモータースポーツ部門であるルノー・スポールとアルピーヌが共同でチューンナップすることで、ライトウェイトスポーツカーに相応しいパワートレインに仕上げています。

注目の最高出力は185kW(252PS)、最大トルクは320Nm。A110専用のギアレシオを持つ7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)が組み合わされ、0-100km/h加速は4.5秒と発表されています。

ノスタルジックなボディには派手なエアロパーツは与えられていませんが、見えない部分で空力性能を高め、最高速域でもアルピーヌらしい安定していて、スムーズな走りを楽しめるよう狙っています。

そのキーとなるのがフラットフロアやリアディフューザー。その効果によりスリークなラインのボディからは想像できない、しっかりとしたダウンフォースを獲得しているといいます。

また、足元には軽量ボディのためブレンボが開発したオールアルミのブレーキキャリパーが与えられています。電動パーキングブレーキ対応のリアキャリパーは世界初採用。サベルトが開発した一体型フルバケットシートも13.1kgと軽量に仕上がっています。

世界1955台限定のプレミアエディションの本国価格は5万8500ユーロ(約705万円)。日本向けの右ハンドル仕様については間もなく販売に関する情報がアナウンスされる予定です。

(山本晋也)

【関連記事】

アルピーヌのスポーツカー「A110」市販バージョンが公開!【ジュネーブモーターショー2017】
http://clicccar.com/2017/03/01/450125/

A110の生まれ変わり! アルピーヌ ビジョンを日本で2018年に発売決定
http://clicccar.com/2016/10/11/406923/

アルピーヌ「ヴィジョン」画像ギャラリー ―伝説のラリーマシンが2017年に蘇る!【動画】
http://clicccar.com/2016/02/19/354898/

新世代アルピーヌA110は1080kgのボディで252馬力!【ジュネーブモーターショー2017】(http://clicccar.com/2017/03/09/452878/)