「HiGH&LOW」にも出演したパルクールパフォーマー・ZENが語る「アサシン クリード」女性必見のポイントとは…?

写真拡大

 

 

 

現在大ヒット上映中の映画「アサシン クリード」。

原作は全世界でシリーズ累計9,600万本以上を売り上げたアクション・ゲームで、世界観はそのままに、登場人物のキャラクターを含め、全くの新しいストーリーで描かれたミステリー・アクション作品です。

 

☆メイン_DF-01381


遺伝子操作によって、驚異的な身体能力を持つ「アサシン」として活躍した祖先の記憶を呼び覚まされた主人公。

歴史に隠された真実を突き止めるうちに、やがて自分の遺伝子の中に隠された、人類の未来をも変える禁断の秘密を知ることに…!

 

DF-05144.tifサブ5_DF-01364_R

 


作品を実写映画化するにあたり、ジャスティン・カーゼル監督が最も労力を注いだのは「ゲームのアクションを現実世界に置き換えること」で、「アサシンたちの能力を表現するにはパルクールの技が必要不可欠だと判断した」と明かしています。

 

そこで今回は、パルクールの国際大会『Red Bull Art of Motion Yokohama』で、日本人として初めて国際大会出場し、さらに5位入賞とその名を世界に知らしめた“日本人初”のプロフェッショナルパルクールアスリートであり、「HiGH&LOW」の出演でも話題を集めたZENさんに、映画の感想やとくに女性に向けた作品の見どころを教えてもらいました!!

 

 

 

_AAA0523

 

――まずはパルクールについて教えてください!

 

「フランス発祥で、<自分の体を、身の回りにある環境を使って鍛える>というトレーニングのカルチャーから生まれました。いかに素早く移動できるか、効率的に体を動かせるかという部分が根底に存在しています」

 


――映画「アサシン クリード」の劇中でのパルクールはいかがでしたか?


「スゴかったです! ゲームの実写化なので、カメラアングルとかカット割りがすごく面白かったですね。自分たちで映像を撮ることもありますが、生のパルクール映像に通ずるダイナミックさを感じました」

 


――主演のマイケル・ファスベンダー氏は大量のトレーニングに励み、パルクールも実際に演じたそうです!

 

「やろうと思ってすぐ出来るものではないので、この映画に向けて、しっかりと期間をとってすごくトレーニングされたのだと思いました」

 


――ゲームやアクションファンの方が楽しめることはもちろんですが、この作品をあえて女性におすすめするとしたら?

 

サブ3_DF-08464


「マイケル・ファスベンダーさん演じるカラムが、アニムス(遺伝子操作)に繋がれている時は上裸なんですよね。男らしい肉体美をつねに披露して戦っていますので、引き込まれること間違いないと思います! 体つきも、ただ大きいだけでなくしなやかできれいな筋肉。パルクールはもちろん、いろいろなトレーニングをされてこその、説得力のある体は必見です!」

 


――ストーリーの面白さに加えて、肉体美も楽しめるんですね!

 

_AAA0546S


「あと、疑似体験できるところもポイントかなと思います。日常では空を飛ぶ体験はできませんが、映画では一緒にアサシンと飛んでいるような感覚になれると思いますので、そこは老若男女問わず楽しめるポイントだと思います!」

 

 

ZENさんがパルクールのクオリティ、肉体美ともに太鼓判を押す、主演のファスベンダー氏は「TC Candler.com」が毎年発表している“世界で最も美しい顔 100人”の1位に輝いたこともあるイケメン!

 

彼が魅せる美しい肉体から繰り出される迫力のアクションは、男性だけでなく女性も夢中になれること間違いなしです!!

 

デート映画にもおすすめですので、ぜひ劇場でチェックしてください♪

 

 

 

AC_TsrPoster_Jpn


『アサシン クリード』

3D、2D大ヒット公開中!

配給/20世紀フォックス映画 

公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/


© 2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.