映画『パワーレンジャー』スター・ウォーズやキングコングを手掛けたスタッフ集結、吹き替えは広瀬アリスら

写真拡大

映画『パワーレンジャー』が2017年7月15日(土)に全国公開される。

日本発のスーパーヒーロー「パワーレンジャー」

テレビシリーズ「パワーレンジャー」は、“メイド・イン・ジャパン”のスーパーヒーロー。全米では1993年に放送が開始され、日本の特撮シーンと外国人キャストで撮り直したドラマシーンを再編集して生まれたこのシリーズは、瞬く間に全米で人気を博した。アメリカの子供番組史上最高視聴率を記録、クリスマスに玩具の品切れ騒動が起こるなどし、20年以上たった今でも放送が続いている。

これまで大作を手掛けてきたスタッフが集結

社会現象とまで言われるほどの影響を出した「パワーレンジャー」を大迫力で描くため、これまで超大作を手掛けてきたスタッフが集結。総指揮を執るのは『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ハンガー・ゲーム』のアリソン・シェアマーと、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『ジュマンジ』のブレンド・オコナーら。そして、脚本には『キングコング: 髑髏島の巨神』のジョン・ゲイティンズ、『X−MEN:ファースト・ジェネレーション』『マイティ・ソー』のアシュリー・ミラーを迎える。

加えて、より映像を壮大なものにするための音楽は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『アイアンマン3』のブライアン・タイラー、そして、スーツデザインには『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのウェタ・ワークショップのスタッフらが集う。

女優・広瀬アリスが声優初挑戦

日本語吹き替え版は、リーダー・レッドレンジャーに実力派俳優・勝地涼が抜擢された。また、ヒロインのピンクレンジャーは女優・広瀬アリスに決定。映画『新宿スワン供のヒロインなど2017年も映画や舞台などすでに多くの出演が決まっている彼女が、本作で声優に初挑戦する。

【作品詳細】
パワーレンジャー
公開日:2017年7月15日(土)全国公開
監督:ディーン・イズラライト  
脚本:ジョン・ゲイティンズ(『フライト』『キングコング: 髑髏島の巨神』『リアル・スティール』)、アシュリー・ミラー(『X−MEN:ファースト・ジェネレーション』『マイティ・ソー』)
音楽:ブライアン・タイラー(『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』「ワイルド・スピード SKY MISSION」シリーズ)
製作総指揮:アリソン・シェアマー(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ハンガー・ゲーム』『シンデレラ』)、ブレント・オコナー(『グッド・ウィル・ハンティング』、『ジュマンジ』)
キャスト:デイカー・モンゴメリー、ナオミ・スコット、RJ・サイラー、ベッキー・G、ルディ・リン、ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)、ブライアン・クランストン(『GODZILLA』『トータル・リコール』)、エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』、『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)
 (c)2016 Lions Gate TM&(c) Toei & SCG P.R.


[写真付きで読む]映画『パワーレンジャー』スター・ウォーズやキングコングを手掛けたスタッフ集結、吹き替えは広瀬アリスら

外部サイト

  • 映画『エイリアン コヴェナント』エイリアンの前日譚 第2章、前作から10年後の未来を描く
  • 映画『キング・アーサー』ガイ・リッチー監督最新作、ジュード・ロウが悪役に
  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』主演・山賢人で実写化、監督は三池崇史