SM、公式YouTubeチャンネル登録者数1000万人突破…アジアNo.1エンタメ企業の地位を証明

写真拡大

SMエンターテインメント(以下、SM) の公式YouTubeチャンネル「SMTOWN」が、アジア音楽レーベルにおいて初めてYouTubeのチャンネル登録者数が1000万人を突破する勢いを見せた。

YouTube「SMTOWN」チャンネルは、先日8日午後2時頃、チャンネル登録者数1000万(9日午前9時現在10,004,278人) を突破し、韓国はもちろん、アジア音楽レーベル初の記録を立て、K-POPを率いるアジアナンバーワンのエンターテインメント企業の地位を証明した。

また、全体のチャンネル登録者数の90%以上が韓国人ではなく、SMのグローバルなブランドパワーを改めて見せつけている。

2009年6月に開設された「SMTOWN」チャンネルは、SM所属アーティストの多彩な映像コンテンツが見られるチャンネルで、SUPER JUNIOR、少女時代、f(x)、EXOらのミュージックビデオが再生回数1億を突破する記録を立てながら、世界中の音楽ファンの熱い愛を受け、今後の成長にも一層期待が寄せられる。

2011年には、アジアエンターテインメントチャンネルの再生回数1位に上がり、2014年に最も成長した韓国YouTubeチャンネルに選ばれている。