9日、韓国メディアによると、韓国内への配備が始まった高高度防衛ミサイルに関し「韓国全域の防御は不可能」との指摘が相次ぐ中、韓国軍が突然、ソウルに改良型パトリオット「PAC-3」を配備することを明らかにした。資料写真。

写真拡大

2017年3月9日、韓国・KBSによると、韓国内への配備が始まった高高度防衛ミサイル(THAAD)に関し「韓国全域の防御は不可能」との指摘が相次ぐ中、韓国軍が突然、ソウルに改良型パトリオット「PAC-3」を配備することを明らかにした。

韓国南部・慶尚北道星州郡へのTHAAD配備が完了すれば、北朝鮮全域の動向を探知し、首都圏より南の地域に飛んでくるミサイルを防ぐことができる。首都圏の防御は空軍のパトリオット「PAC−2」部隊が担っているが、PAC-2は敵の弾道ミサイルの周辺で爆発する破片型迎撃システムであるため、迎撃できる確率は70%にとどまる。そのため、韓国軍は敵のミサイルに直接当てて破壊する方法で迎撃の成功率を上げたPAC−3に改良する作業を昨年から進めてきた。

韓国政府の高位関係者は「PAC−3への改良作業はほぼ完了した。完成後は首都圏防御のため、最優先でソウルに配備する」と述べた。また、配備先をすでにソウルの漢江より北の地域に決定し、周辺環境の確認作業を進めていることも明らかにした。さらに、米軍も今年から、ソウル近郊・京畿道の烏山基地に配備されたPAC-2を最新型のPAC-3にアップグレードする作業を始めたという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「よくやった。自由と平和を守るためには強い軍事力が必要」「THAADでは首都圏を守ることができないのだから仕方ない」「THAADやPAC配備に反対する人の家がミサイル攻撃を受ければいいのに」「私の地域にも配備してほしい。配備されているとなんとなく心強い」など、PAC−3の配備に賛成する声が多く寄せられている。その他、「核兵器を開発すればいいのに」「北朝鮮の核を防ぐ最も良い武器はドルと米。その2つを与えれば北朝鮮は挑発しなくなる」「韓国を戦場にするつもり?北朝鮮の挑発は今に始まったことではないのに、なぜ突然、韓国に米国製の兵器が流れ込んでくるようになったのか…」などの意見もみられた。(翻訳・編集/堂本)